中国当局の情報隠蔽

中国当局は新型コロナウィルスが研究によってすでに開発されていた事実を隠蔽したとされています。 中国共産党の公式軍事ページにて、武漢のウィルス研究所が新型のコロナウィルスの開発に成功したことが掲載されていました。コロナウィルスの流行拡大に伴って、公式ページのコロナウィルス開発に関する記事は削除されました。 新型コロナウィルスが生物兵器であるかどうかは断定できまそんが、武漢のウィルス研究所から流出した説は可能性高いと言えます。

アメリカやロシアメディアが生物兵器説を拡散

新型コロナウィルスの生物兵器説はアメリカ、ロシアのメディアが盛んに拡散したことで広まりました。新型コロナウィルスの遺伝子配列が自然界では存在しえない等、コロナウィルスが人工的につくられたことを指摘しています。 中国政府がウイルス研究の事実を隠蔽していた点もアメリカとロシアによる生物兵器説拡散を助長した可能性が高いです。 ただしアメリカ・ロシアともに新型コロナウィルスが生物兵器であるという確証は得られてなく、憶測の域は脱していません。

生物兵器説は陰謀論と考えられている

新型コロナウィルスが生物兵器であるという説は、アメリカやロシアによる陰謀論である可能性が高いです。仮に生物兵器であったとしたら、中国は自分で自らの首を絞めていることになります。いくら隠蔽体質があったとしても自国を壊滅させるような愚かな真似はしないでしょう。 武漢のウィルス研究所から新型コロナウィルスが流出してしまったという説はまだ否定できません。武漢にコロナウィルスを研究している場所があったといいうことは、他の都市には見られない特徴です。 今後の真相解明が期待されますが、現在の中国がすべての情報を包み隠さず公表するかは疑問です。