卑屈ってどんな意味?卑屈な人の特徴やその対処法をお教えします!

ビジネス用語

2019年3月13日

卑屈とはどうゆう意味でしょうか?卑屈の意味を徹底解説します!さらに卑屈の類義語、対義語の説明や卑屈な人の特徴、卑屈になってしまう原因もお教えします!さらに卑屈な人に会ってしまった時の対処方法までご紹介します!卑屈という言葉、卑屈な人間に対する理解を、この記事を通して深めてください!

よく使う卑屈ってどういう意味?お教えしましょう!

あなたは、卑屈な人をどう思いますか? またあなた自身は卑屈な人ですか? このような質問をされたことがあるかもしれません。 そしてこの質問の受け答えとして、 いい思いをしない人がほとんどだと思います。 人間の性格は、人によってまた環境によってさまざまなカタチを帯びていきます。 屈託のない明るい性格の方もいれば、少し影を背負っているような卑屈な方も中にはいらっしゃいます。 このように人の性格を表す際に、この言葉はよく使用されます。 それでは、卑屈の意味を確認しておきましょう。 卑屈とは自分をいやしめて服従・妥協しようとする、いくじのない態度 このような意味の言葉であるため、卑屈な性格の持ち主の方は少し他人に対してトゲがあるのかもしれません。そして、たいていの人に煙たがられます。

卑屈を実際に使ってみたい!卑屈の使い方!

卑屈という言葉はよく小説を読んでいると出てくる単語です。 おそらく「卑屈」という一言でその登場人物の暗い部分や卑しい部分を的確に表現できるからだと考えられます。 このような表現があります。 卑屈なくらい頭を下げてぺこぺこしていた‐松本 清張 / 美の虚像‐ 使い方は相手に対して、こびを売るといった感じで使用されています。非常にわかりやすい一文ですね。 また卑屈な態度という表現の仕方もよく使われています。この意味は非常にネガティブな意味合いが多く含まれている言葉の特徴です。 ただむやみやたらに誰かに「卑屈」という言葉を使ってしまうと、傷つけてしまう可能性があるので注意しましょう。

卑屈を英語で言うと?お教えします!

卑屈は英語で「Servility」と書きます。 あまり日常会話では使わない単語かもしれませんね。 映画や小説などで何かを表現するシーンの方が何か見かけることが多いもしれません。

卑屈の類義語・対義語は?

この卑屈という単語には、どのような類義語・対義語があるのでしょうか? 確認していきましょう。

類義語

まず、卑屈の類義語から確認していきましょう。 媚びる・ぺこぺこする 一番最初にかかれている類義語です。 いかにも人間の汚い部分だけ凝縮したような単語ですね。 他にもたくさんあります。 自嘲的になる ・ 自虐的になる ・ 卑屈になる ・ 自分を卑下する ・ 自分を低く見る ・ 自分を卑しめる これらのカテゴリーに共通して言えることは自ら、自分の存在価値をおとしています。また貶めようという態度が見えます。 他にも類語があります。 *卑屈になる ・ 卑下する ・ 自己評価を低くする ・ 下手に出る ・ 謙遜する ・ 一歩下がる ・ 遠慮する ・ 自分を低く見る ・ 自虐的になる ・ 気兼ねする ・ 顔色をうかがう ・ かしこまる * このカテゴリーでは、先ほどと同様、自らの自分の価値を低いと自己評価した上で、行動や態度に実際に表しています。 このように卑下の類語には、自分の存在を否定して、低い立ち位置で相手と接していこうという気持ちが強く表れています。

対義語

卑屈の対義語も確認しておきましょう。 尊大(そんだい)おごりたかぶること。 卑屈が自分の存在を否定するので、その対義語にあたる「尊大」は、自らの存在をかなり上に位置付けています。 非常に傲慢な態度を取りながら、相手と接します。 どちらの言葉も態度としては行きすぎであります。 決してどちらの態度も取らないように注意しましょう。嫌われてしまいますよ。

「卑屈」と「謙虚」は全然違う!使い方の違いをお教えします!

「卑屈」と「謙虚」は意味が似ているようで全然違います。 「卑屈」は先ほどもお話した通り、自分の存在を否定しながら相手に対してその態度を表していく特徴があります。 その態度は相手を味方につけようとあえて自分の立場を下げていくようにも見えます。 そのため、「卑屈」な人間は基本的には受け入れられません。 一方で「謙虚」の意味を調べてみると、 自分を偉いものと思わず、すなおに他に学ぶ気持があること。 とあります。 つまり「謙虚」な人間は、自分の存在を下に見ているという意味は「卑屈」な人間と同じかもしれませんが、その態度の取り方が違います。 謙虚な人は自分の非を認めた上で、その性質を改善していこうという前向きな態度が伺えるという訳です。 このことは卑屈の意味には含まれていないものであり、「卑屈」という言葉は全てネガティブというイメージで包まれています。

卑屈な人の特徴7つをお教えします!

ここからはそんな卑屈な人間の特徴を7つ教えていこうと思います。 卑屈な人間にあなたがならないように是非チェックしてみてください。

失敗したらなかなか立ち上がれない

卑屈な人間は打たれ弱いという点があります。 その最たるものが「失敗したらなかなか立ち上がれない」といった点です。 人は失敗する生き物です。 チャレンジした回数が多い人ほど失敗の数が多いです。 卑屈な人はその失敗を受け止めきれずに、なかなか次に進めません。 失敗自体にトラウマがある人も少なくなく、失敗に対する意識を改めていく必要があります。

常に自分に自信がない

卑屈な人は普通の人に比べて、圧倒的に自信がありません。 しかもそのことが稀に起こるといった話ではなく、常に自信がない状態が続いていしまっています。 そのためそのことを改善するためにも小さな成功体験を少しずつでも積み重ねていき、自信をつけていく必要があると思います。

挑戦することが嫌い

そしてこの事が挑戦することから避けていくことの大きな要因となっていきます。 失敗が嫌いであると、挑戦もおのずと嫌いになっていきます。 なぜなら挑戦はだいたい失敗するからです。 失敗が悪だと決めつけている「卑屈」な人は、そもそも挑戦の対価よりも、そのことから起こる失敗ばかりを見つめてしまいます。

自分に余裕がなく周りを見れない

自分に余裕がなく、周りを見ることができないのも大きな特徴の一つです。 このことの原因は、他人と自分を比べすぎてしまうところにあります。 その結果、その事実から目を背けようと周りを見ることを意図的にしようとしなくなります。 非常に残念な話ですね。 ゆっくり見まわしたら、違う景色が見れる可能性もあると思いますよ。

酔うと愚痴をこぼしたり泣いたりする

そしてその事を内部にため込み続けた結果、お酒で酔うと愚痴だらけの人間にさせてしまいます。 ひどい場合だと、突然泣いたりして周りの人に多大な迷惑をかけます。 日頃からストレス発散を心がけるようにしておかないと、「卑屈」な人は感情が爆発してしまう危険が高いという訳です。

人の悪い面にしか目がいかない

自分の悪いところばかりを見つめ続けていると、今度は他の人と接している時も悪いところしか見えなくなってきます。 これは非常に悪い悪循環です。 まず自分に自信を持てるポイントを一つでもいいのでしっかりと探してください。 その一つを軸に心の支えとすることで、普段の意識の仕方も変わってくるはずです。

常に完璧でないと気に入らない

卑屈な人は異常なほどの几帳面であるケースが高いです。 そしてその性格が常に完璧でないと気に入らない「完璧主義」に心を支配されてしまいます。 世の中、ほとんど完璧な事はありません。 完璧主義はおそらく、心に疲れをため込んでいくだけなので妥協することを身につけていきましょう。

卑屈な考え方になる7つの原因をお教えします!

「卑屈」な性格になってしまう人は、何らかの問題を抱えています。 それは人生の経験からそのような性格を形成してきたものであり、絶対に原因があります。 今回は典型的な7つの原因を見ていきます。

小さな時に褒められずに育った

大きな原因であることの一つに親の影響があります。 小さい時に全く褒められずに叱られ続けて育った人はどうしても、性格が少しずつネガティブに形成されていってしまいます。 この場合の責任は完全にあなたの親にあり、あなた自身には全くありません。 まずは自分自身を褒める習慣をしっかりと身につけていっていくとよいでしょう。

成功体験をしたことがない

次に成功体験をしたことがないことが挙げられます。 よくあるパターンは受験の失敗や恋愛の失敗です。 また部活動などでレギュラーになれなかったなどの学生時代の失敗が強くインプットされているというケースですね。 この場合は、ほんの些細な事でもいいので、まずは成功体験を積み重ねていくことが重要になります。

本気で努力しても成し遂げられなかったことがある

この事は逆に誇りに思っていいことだと思います。 あなたの本気を夢に対してぶつけていった結果ですから。 そのことを黒歴史のように包み隠すのではなく、次の新たな目標にぶつけていきましょう。 きっと成し遂げられなかった時にもがいた努力が、次の挑戦の後押しをしてくれるはずです。

知的障害を持っている

どうしても知的障害などの障害を持っていると、特殊な環境で生活することになります。 そのことは決して悪いことではなく、致しのないことなので堂々としておきましょう。 別に知的障害を持っているからといって、卑屈になる必要はありません。

人から愛されることを知らない

人から愛されることを知らない人はどうしても卑屈になちがちであります。 まずは人以外でもいいので、植物やペットなどを買ってあなたが何かを愛する事を覚えていきましょう。 あなたが愛情の注ぎ方を知っていれば、あなたの事を理解してくれる人間はきっと出てくるはずです。 卑屈になっても何もいいことはありませんよ。

卑屈な人は正直めんどくさい!卑屈な人に出会った時の対応法!

卑屈な人と関わると、はっきり言って面倒くさいです。なぜなら、勝手に自分の殻に閉じこもってしまうからです。 また、他人を攻撃する人が大好きな人もいます。 このような「卑屈な人」と共に何かをしないといけなくなった場合、どのように対処すればよいのでしょうか? じっくりと考えていきましょう。

褒めて褒めて褒めちぎる!

一番有効な手段は、「褒めて褒めて褒めちぎる!」ことです。 卑屈な人は、愛情が満たされておらず、普通の人よりも承認欲求に飢えています。 ですので困ったら、小さなことを褒めておくとやりやすくなるでしょう。 あまり大きなことを褒めて気に入られて、話が長引くと面倒くさいので、いい塩梅のラインで褒めることを繰り返しましょう。 気分を乗せてあげることが大切です。

本人に卑屈な考え方はやめた方がいいと直接伝えてみる!

この手段は、お酒の席など少し柔らかい雰囲気の時にお試ししてほしい方法です。 卑屈な考えはその人にとっても、周りの人にとってもいいことはありません。 ですので、面と向かってその人にその想いを伝えてみるという手段です。 注意点として、この発言でもし相手を逆なでしてしまったらすぐに話を変えましょう。 粘っても何もいいことはないと思います。

性格を理解しどうしようもないことだと受け入れてしまう!

周りの人が卑屈である人を受け入れてしまう事も手段の一つです。 友人関係の場合であるならば直接、相手に伝えて改善を求めることができるかもしれません。 ですがビジネスの場合において、立場上どうしても指摘できないケースが生じてきてしまいます。 この場合はもう周りの人がすんなりと「卑屈」な人を受け入れてしまった方がはやいです。 ポイントとしては、あなたにストレスのかからないコミュニケーションの取り方を覚えることです。 どのような人でも褒められたらうれしい箇所があります。その点を徹底的に探しあげて、話題で散りばめていくようにしましょう。 このケースにおいては、自衛が非常に大事になってきます。あなた自身が「卑屈」にならないためにも。

小さな目標を一緒に歩んで成功体験を提供してあげる!

対象が身近な関係であるならば、一緒に成功体験を積み重ねていく事をしていくとよいでしょう。 例えば、マラソンで10㎞完走する。 ○○山に登頂する。 何でも構いません。 出来る限り、小さな事から成功体験を積み重ねていってください。 そうすることで自然と自信がついてくるはずです。 そのことに慣れてきたら「卑屈」には縁遠い人になっているはずです。

卑屈のまとめ

いかがでしたでしょうか? 「卑屈」な人はどうしても自分の殻に閉じこもり、自信を取り戻すチャンスすら、自ら不意にしていってしまいます。 まずはその人がどういった環境で育ってきたのかを聞くと、なぜそのような性格になってしまったのかが分かるのかもしれませんね。 そして一番良い改善方法は最後に挙げた「小さな成功体験を積み上げる」ことです。 本当に大切な人を「卑屈」から救いたいと考えているなら、ぜひ一緒に成功体験を共有していってください。どこかのタイミングで挑戦することが楽しくなり、きっとポジティブな性格に生まれ変わってくれますよ。


関連記事