よく使う卑屈ってどういう意味?お教えしましょう!

あなたは、卑屈な人をどう思いますか? またあなた自身は卑屈な人ですか? このような質問をされたことがあるかもしれません。 そしてこの質問の受け答えとして、 いい思いをしない人がほとんどだと思います。 人間の性格は、人によってまた環境によってさまざまなカタチを帯びていきます。 屈託のない明るい性格の方もいれば、少し影を背負っているような卑屈な方も中にはいらっしゃいます。 このように人の性格を表す際に、この言葉はよく使用されます。 それでは、卑屈の意味を確認しておきましょう。 卑屈とは自分をいやしめて服従・妥協しようとする、いくじのない態度 このような意味の言葉であるため、卑屈な性格の持ち主の方は少し他人に対してトゲがあるのかもしれません。そして、たいていの人に煙たがられます。

卑屈を実際に使ってみたい!卑屈の使い方!

卑屈という言葉はよく小説を読んでいると出てくる単語です。 おそらく「卑屈」という一言でその登場人物の暗い部分や卑しい部分を的確に表現できるからだと考えられます。 このような表現があります。 卑屈なくらい頭を下げてぺこぺこしていた‐松本 清張 / 美の虚像‐ 使い方は相手に対して、こびを売るといった感じで使用されています。非常にわかりやすい一文ですね。 また卑屈な態度という表現の仕方もよく使われています。この意味は非常にネガティブな意味合いが多く含まれている言葉の特徴です。 ただむやみやたらに誰かに「卑屈」という言葉を使ってしまうと、傷つけてしまう可能性があるので注意しましょう。

卑屈を英語で言うと?お教えします!

卑屈は英語で「Servility」と書きます。 あまり日常会話では使わない単語かもしれませんね。 映画や小説などで何かを表現するシーンの方が何か見かけることが多いもしれません。

卑屈の類義語・対義語は?

この卑屈という単語には、どのような類義語・対義語があるのでしょうか? 確認していきましょう。