ドワイト・d・アイゼンハワーはアメリカの第34代の大統領

ドワイト・d・アイゼンハワーはアメリカの第34代の大統領として1953年から1961年までの2期8年務め、数々の名言を残しました。 アイゼンハワーは1890年10月14日、テキサス州の農家に生まれ、陸軍士官学校に進学し卒業後は第二次世界大戦の司令官などを歴任し活躍します。大統領就任後は戦後処理などで実績を上げますが、東西冷戦や人種問題などに悩まされ続けました。

ドワイト・d・アイゼンハワーはIkeと呼ばれていた

貧しい家に生まれたアイゼンハワーでしたが、家族愛に恵まれた少年時代を過ごしました。好青年のアイゼンハワーを仲間は親しみを込めて「Ike(アイク)」と呼んでいました。 母親からは厳しく躾けられ、「努力しなければ何も得られない」という信条を学びました。そして「溺れたくなければ泳ぎなさい」という母親の教え通りの人生を歩みます。 また、高校生時代はフットボールの名プレーヤーとして活躍しました。

ドワイト・d・アイゼンハワーの経歴

アイゼンハワーは高校卒業後は大学進学を希望しますが、家庭の経済的事情により進学を諦め、ベルスプリングのバター工場で働きます。そこで陸軍士官学校は無償であることを知り同校に進学しました。 卒業後は戦地で実績を上げ連合国遠征軍最高司令官などを歴任し、「ノルマンディー上陸作戦」を立案指揮するなどの活躍をみせます。まずはアイゼンハワーの大統領就任までの功績を振り返ってみましょう。

軍に入隊する

1915年、アイゼンハワーは士官学校を卒業し陸軍省では補給兵站の立案に従事し様々なキャンプで軍務に就きます。しかし、第一次世界大戦では従軍を志願しますが許可されませんでした。 平凡な軍人として終わるかに思えたアイゼンハワーでしたが、戦地で3人のメンターと出会ったことで才能が開花します。 1人はフォックス・コナー、2人目はダグラス・マッカーサー、3人目がジョージ・C・マーシャルでした。特にフォックス・コナーからは軍事、哲学など軍人に必要な教養を徹底的に仕込まれました。