営業利益は右肩下がり

サンリオの営業利益は右肩下がりが続いています。2016年3月期は104億22百万円あった営業利益も、2017年同期は60億12百万円と大きく減少し、2020年同期は24億33百万円まで落ち込みました。 国内のテーマパーク事業、物販事業は回復したものの、海外の売り上げの減少が続いており、特に今期は香港デモや中国の景気減速などが影響し、アジア地域での落ち込みが目立ちました。 サンリオはキャラクターのロイヤリティフィ(使用料)をビジネスの柱のひとつとしていますが、国内、アジア、欧州共にロイヤリティ売り上げは減少しています。

サンリオピューロランドは入場者数を伸ばす

今期はしばらく低迷が続いていたテーマパーク「サンリオピューロランド」が業績を伸ばし、入園者数は1130千人(前年同期比4.3%増)と増加しました。 同社では若い女性向けにSNSを使い情報発信したことが、増員の最大の要因と分析しています。また、イベントにより指定した服で入場すると入場料がお得になるコーデ割引や、企業とのタイアップ割引も入場者増に繋がりました。 サンリオピューロランドは、2014年に館長に着任した小巻亜矢氏が短期間で業績を回復させたことでも話題になっています。

サンリオの業績悪化は海外事業の影響か?

サンリオは近年、海外に向けた事業展開を進めてきましたが、最重要地域として位置付けていたアジアで苦戦が続いています。 米中貿易摩擦による中国内の需要の低迷や香港デモによる政情不安、日韓関係の悪化による両国間の緊張など、外部要因が想定以上に大きく影響しました。