小暮洋史によるストーカー被害を受けていた女性

群馬一家3人殺害事件は一方的に行為を寄せる女性に対するストーカー行為が発端です。加害者の小暮洋史はドラッグストアに仕入れ品を配送していました。 そこで勤務していた女性に好意を寄せることになります。父母と祖母の4人暮らしをしていた女性は気立てもよくお客さんや出入り業者にも好印象でした。 電話帳から電話番号を知った小暮洋史は執拗に食事に誘うようになります。あまりのしつこさに一度は食事に応じますが、さらに異常な行為が繰り返されていきました。

小暮洋史が女性の父、母、祖母を殺害

小暮洋史のストーカー行為は執拗な電話に止まらず、待ち伏せや監視といった行為にエスカレートします。女性の父親は小暮洋史に対し叱責することもありましたが止まることはありませんでした。 女性のつれない態度に業を煮やした小暮洋史は遂に「決断」します。女性の自宅に忍び込むと祖母を絞殺します。 その後母、父を次々と刺殺し女性の帰宅を待ったのです。帰宅してきた女性は小暮洋史と鉢合わせになった上、その惨劇を目にすることになります。