新型コロナウイルスの影響でJリーグの試合が延期に

1分でわかるニュースの要点

  • 2~3月のJリーグやルヴァンカップなどが開催延期
  • 詳しい代替開催日や3月以降の対応は不透明
  • スポーツの中止・延期の動きは世界的に行われている

ルヴァンカップも延期を発表

今回Jリーグ理事会の決定で延期が発表されたのは2020明治安田生命J1・J2・J3リーグと2020JリーグYBCルヴァンカップです。それぞれ2月28日から3月15日まで以下のような試合数が予定されていました。 ・2020明治安田生命J1リーグ:27試合 ・2020明治安田生命J2リーグ:33試合 ・2020明治安田生命J3リーグ:18試合 ・2020JリーグYBCルヴァンカップ:16試合 この決定は2月24日の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議において出された直近1~2週間の対策と拡散防止が重要との見解を受けて行われました。

延期分の日程は未定

Jリーグ理事会は感染拡大防止を重視して、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解よりもさらに長い約3週間の公式試合の開催中断に踏み切りました。 公式試合再開は3月18日の2020明治安田生命J1リーグから順次行われる予定です。 延期となった各試合の代替日程は現在のところ未定です。代替開催日、チケットの扱いについては後日発表が行われます。

イタリアでも延期に

2月22日イタリアの首相ジュゼッペコンテは臨時閣議で感染地域への出入り制限や民間のイベント禁止を盛り込んだ特別政令を施行しました。 この特別政令によって23日に予定されていたプロサッカーリーグ・セリエAの3試合が中止となっています。後日行われた5試合では観客を入れない形で開催されました。 イタリアは24日の時点で新型コロナウイルス被害が感染者220名以上、死者7名となっています。サッカー以外ではバレーボール、ホッケー、スキー、ゴルフなども延期しているとのことです。