木下博勝氏による病院内でのパワハラや暴力

(画像:Unsplash

2019年12月、週刊誌の週刊文春が木下博勝氏の下で働いてた元病院スタッフの証言を得て、木下博勝氏の行っていたパワハラの曝露記事を掲載しました。 元病院スタッフは准看護師として、木下博勝氏の務める病院勤務していました。元病院スタッフによると、2年間ほぼ毎日怒鳴られて、暴力も受けていたそうです。時には扉を閉める音に木下博勝氏が激怒したケースもあり理不尽なパワハラが日事情的に行われていたことが推測されます。 木下博勝氏は当初パワハラを否定していましたが、週刊文春がパワハラ現場の音声を公開したことを機に、パワハラに対する謝罪のコメントを発表しました。

パワハラを受けていた元病院スタッフが訴訟を起こす方針

(画像:Unsplash

パワハラを受けていた准看護師の元病院スタッフは、弁護士と相談して木下博勝氏への訴訟に乗り出しました。 元病院スタッフは2年間にわたる暴言と暴力の数々、理不尽な扱いに対する慰謝料として、300万円の損害賠償を木下博勝氏に請求したそうです。この請求は12月16日付けの内容証明郵便で送付済みとのことです。 木下博勝氏が損害賠償を認めない場合、元病院スタッフは民事訴訟を行う構えを見せています。

木下博勝氏の素行の悪さは有名だった

(画像:Unsplash

ジャガー横田の夫で恐妻家のイメージがあった木下博勝氏ですが、彼の素行の悪さは一部では有名でした。 今回の騒動でパワハラを曝露したのは准看護師の元病院スタッフ1人ですが、木下博勝氏の被害を受けた同僚は少なくありません。 元病院スタッフ以外に、判明しているだけでも木下博勝氏のパワハラを苦にして、勤務先の医師2人とナース3人が辞職しているということです。 木下博勝氏のタレント活動を知る芸能関係者の間でも、収録現場外や実生活での態度に不穏なものを感じている人がいたようです。