若者に支持されるユーチューバーが動画を出す意味

ヒカキンは若者の外出によって感染拡大するのを危惧し、自身の動画で「#うちで過ごそう」とハッシュタグを付けて視聴者に自粛を呼びかけました。 ユーチューブは以前から多くの若者が見ているものであるため、「インフルエンサーである自分が動画を出せば、感染拡大防止の為にできることを広められる。」と語り、自身の動画拡散を希望しています。

精力的に動く小池百合子都知事

小池百合子都知事は新型コロナウイルスが及ぼす多くの問題解決に向けて精力的に行動中です。国との意見調整、ウイルス感染者数や死亡者数の把握・情報公開、休業者に対する補償、記者会見の対応などに追われています。 その中で若者の外出に対して危惧している様子で、3密を避けて不要不急の外出は控えるよう繰り返し伝えています。

時代にあったメディア配信の効果はどこまで出るか?

今回小池都知事はヒカキンの動画に出演し、新型コロナウイルス対策についての質問に答えました。両者ともに多くの若者に自粛を促しています。 現在はユーチューブを利用して誰でも情報発信ができる時代であり、ヒカキンはその中でも大きな影響力を持つユーチューバーです。公開された動画がどれほど感染予防に効果が出るか注目されます。