1分でわかる津山事件

「津山事件」の要点

  • 「津山事件」は戦前に起きた日本犯罪史上最悪の猟奇的大量殺人事件
  • 犯人都井睦雄は計画的に次々と集落の人々を殺害し、死者は30人に上った
  • 犯人都井睦雄は遺書を残して自殺するも動機については不明な点が残っている

津山事件の概要

「津山事件」は、1938年5月21日に、岡山県苫田郡西加茂村大字行重(現在の津山市加茂町行重)の貝尾集落というところで起きた日本犯罪史上最悪の大量殺人事件です。 その衝撃さのあまり作家横溝正史の興味を買い、小説「八つ墓村」のモデルともなりました。いったい「津山事件」とはどんな事件なのか、ここでは「津山事件」の概要について紹介します。

1938年岡山県の集落で起きた大量殺人事件

幼い頃両親を肺結核で亡くした都井睦雄は、6歳のときから姉と祖母の生まれ故郷である貝尾集落で生活をしてきました。事件の発生は1938年です。 この集落には22戸、合計110名以上の住人が住んでいました。都井睦雄は、将来小説家になりたいと思っていました。家自体は比較的裕福な家庭であったため、生活にはそれほど困らなかったようです。 そんな彼が21歳のときにとんでもない事件を起こしたのです。

30名が死亡、犯人は自殺した

動機については後述しますが、都井は事件当日、集落の人々を日本刀や猟銃を使って次々と殺害します。 軍人さながらの格好で、学生服と足にはゲートルを巻き、闇夜に対応するためのライトを頭と胸に、猟銃を片手に、腰には日本刀と匕首(ひしゅ)を差して人々を襲います。 30人を殺害した返り血を浴び全身は鮮血に染まっていました。夜中にその姿を目にした住人は恐怖で腰を抜かしたに違いありません。都井は最後は自殺します。