広告の表し方は5種類

「広告」の英語表現としてパッと思いつくものには「ad」や「advertisement」などが思い浮かびますが、他にもいくつか「広告」に当たる英単語が存在します。 この見出しでは「広告」にあたる英単語を5種類紹介しますが、どれも一度は耳にしたことがある言葉なので、改めてここで意味を確認しておきましょう。

一般的に広告は「advertisement」

「広告」の最も一般的な英語表現は「advertisement」です。 「advertisement」は「広告」という概念を表し、様々な形式の広告を意味します。「広告」と言いたい時の最も簡単な表現と覚えておきましょう。 また他の単語と併せて使用し、「job advertisement(求人広告)」「product advertisement(商品広告)」「real estate advertisement(不動産広告)」など様々な形で表現できます。

「advertisement」の略記は「ad」

「ad」は「advertisement」の最初の2文字をとった略語で、意味は「advertisement」と全く同じです。 「ad」は単体で使うこともありますが、「ad tech(アドテク:広告技術)」「ad EXPO(アドエキスポ:広告博覧会)」「ad agency(アドエージェンシー:広告代理店・広告会社)」 「ad biz(アドビズ:広告ビジネス)」のように使用することもあります。 ちなみに「ad」はアメリカ英語での略し方で、イギリス英語では「advert」と略されることもあります。

テレビなどの広告は「commercial」

「commercial」の場合は日本と同じように、テレビやラジオ番組の途中で流れる広告のことを言います。 日本ではテレビやラジオ番組の途中で流れる広告をCMとも言いますが、これは「Commercial Message」の頭文字をとったものです。海外では「Message」を省略します。「CM」は和製英語のため、英語圏ではCMとは言わず必ず「commercial」と言います。 ちなみに「commercial」はもともと「商業用の」「営利目的の」という形容詞です。