「regard」の意味と語源

意味や語源

意味や語源(画像:Unsplash

ビジネスシーンで非常に多く使われる「regard」という単語ですが、この単語には多くの意味があります。そのため、意味を取り違えて間違った使い方をしてしまったり、相手が言っていることを正しく理解できなくなってしまうこともあります。 まずは「regard」の語源とともに、正しい意味を理解しましょう。

「regard」の意味は「〜とみなす」「敬意」

「regard」には「〜とみなす」と「敬意」という意味があります。「〜とみなす」という意味で使う場合は動詞、「敬意」という意味で使う場合は名詞です。 そして「regard」は前置詞と併用することで特別な意味を示す慣用句にもなります。これらについては後述しますが、それぞれの意味を個別に覚えておく必要があります。 実際のビジネスシーンでも用法を間違えないためにも、この記事でしっかりと意味を確認しておきましょう。

「regard」の語源

「regard」はフランス語に起源があります。音節が「re-guard」と分けられ、「re」は意味を強める接頭語で、「guard」は「見る」という意味です。この音節の成り立ちから「〜とみなす」や「敬意」という意味が連想できます。 発音する時は動詞・名詞に関わらず、アクセントが第2音節の「gard」に付きます。

「regard」の正しい使い方

正しい使い方

正しい使い方(画像:Unsplash

「regard」の意味や語源から単語のイメージができたかと思います。 続いて「regard」の最も基本的な使い方をご紹介します。動詞としての用法、名詞としての用法をそれぞれ紹介します。最も基本となる使い方なので、ここで正しい用法を覚えて実践でも使えるようにしておきましょう。