1分でわかるアジア通貨危機

アジア通貨危機とは

  • 1997年に起こったアジア諸国の通貨下落に伴う経済危機
  • ヘッジファンドによるタイのバーツ空売りが引き金を引く
  • IMFによる支援・管理が実施され、その後の中国経済台頭への流れを生んだ

「アジア通貨危機」とは1997年7月に起こったタイのバーツ暴落に伴う経済危機がアジア全体に波及した一連の通貨・経済危機をさします。 アジア諸国の多くは経済立て直しのためにIMF(国際通貨基金)の支援を受け、経済運営をIMFの管理下に置かれる国も出ました。「アジア通貨危機」を期に、さほどの影響を受けなかった中国が新たな成長センターとして、世界の注目を集めるようになりました。 今回はこのアジア通貨危機を詳しく見て行きましょう。

アジア通貨危機の経緯と原因

「アジア通貨危機」はアジア諸国だけでなく世界全体にも大きな影響を与え、その後の各国の通貨管理体制も変えた経済的な大事件でした。 それまで堅調だった東・東南アジア諸国は何故このような危機に陥ってしまったのでしょうか。ここでは「アジア通貨危機」が進行した経緯とともに、その原因を探っていきます。

アジア諸国はアメリカドルとの固定為替相場制を取っていた

「アジア通貨危機」が発生した当時、日本・台湾・フィリピンを除く多くのアジア諸国はアメリカドルとの固定為替相場制を採用していました。 通常為替レートは自国の経済状況などに応じて変動させることによって、経済の実態と通貨価値のバランスを維持しています。 ところが発展途上国においては脆弱な経済基盤から自国通貨の価値が乱高下しやすい傾向があり、主要な貿易取引国との安定的な為替レートを維持するため、特定の通貨との固定為替相場制を採用することがあります。多くのアジア諸国はアメリカドルとの為替固定を選択したのです。

ヘッジファンドの空売りによりアジア諸国の通貨が暴落

「アジア通貨危機」の引き金を引いたのはヘッジファンドによるタイのバーツ空売りでした。これがアジア諸国に連鎖的に波及していったのです。 1990年代タイの経済は輸出が好調で、海外からの資本投資も豊富で非常に順調でした。経済成長は年率9%を達成していたのです。しかしながら1990年代後半に入ると経済は減速し、貿易収支も赤字に転落しました。 このためタイにおいては経済の実態とドルに固定化されたバーツのバランスが大きく崩れてしまいました。ヘッジファンドはそこに目をつけ、タイのバーツ空売り攻勢をかけて大きな差益を得ようとしたのです。