「avoid」の意味は「〜を避ける」

(画像:Unsplash

「avoid」は「~を避ける」という意味の動詞です。読み方は「アボイド」でアクセントは「ボ」の部分に来ます。「avoidance」とすれば名詞の「避けること」という意味になります。 他にも「~を防ぐ」「~を控える」という意味があり、知っておくと会話の中でとても便利に使える言葉です。 「carefully avoid」「deliberately avoid」で注意深く避ける、「narrowly avoid」でかろうじて避ける、「best avoided」で絶対に避けるべきなどの熟語としても使うことができます。

「avoid」の正しい使い方と例文

(画像:Unsplash

「avoid」と一緒に使う不定詞が「~ing」なのか「to」なのかという部分に迷う人は多くいます。「to」の「~すること」という意味を考えると「to」も正しいような気がするものです。 以下では「avoid」の後に来るのが「~ing」なのか「to」なのかということと「avoid」を使った便利な表現について解説します。

「avoid」の後に来るのはing形

「avoid」の後に来るのは「to」ではなく「ing形」です。 英語の授業などでは「~すること」は「to不定詞」で表すと教えますが、この「avoid」については例外です。「avoid」の後には動名詞(動詞の原形+ing)が来ると決まっています。 そのため「avoid」の後に「to do」という目的語をつけても「~することを避ける」という意味にはならず、英語として意味が通じない文章になります。 ちなみに「avoid」の前に使う「to」は役割が異なるため「to avoid~」で「~を避ける」という意味にすることはできます。「Try to avoid bad company.(悪い仲間と付き合うことは避けなさい)」など「avoid」と「to」を一緒に使う場合もありますので一緒に覚えておきましょう。

〜を避ける

「~を避ける」は「avoid~ing」の形で表します。 ・We can't avoid getting old. (私たちは年をとることを避けられない) 「~を避けた・~を回避した」など過去形にする場合は「avoided~ing」とするだけで時制を変えることができます。 また「getting old」は「年を取る」という意味です。「getting」は「get」のing形で「~を得る」という意味があります。目的語として「old(年齢)」が使われているためgetting oldで「年を取る」となるのです。