「whereas」の契約書での使い方や「while」との違いを解説!

ビジネス英語

2019年4月11日

分かっているようでいざとなると使い方に自信が持てない英語表現が幾つかありますが、「whereas」もその一つです。「whereas」には似た英語表現も幾つかあり、なおさら迷います。今回ビジキャリではこの「whereas」にスポットをあて、その使い方を徹底解説します。

「whereas」とは

「whereas」という英単語を使用する機会は日本ではまだ多くありません。英語上級者でもその意味を知らないことがある「whereas」ですが、知っておくと海外生活やビジネスシーンでとても便利です。 ここでは「whereas」の発音と意味について説明します。

「whereas」の発音は「ウェアラズ」

「whereas」の発音は「ウェアラズ」です。 発音のポイントはアクセントの位置です。第二音声の「re」にアクセントを置きます。よくあるミスは第一音声の「whe」の部分を強く発音してしまうことです。また、「whereas」を「ウェレアズ」と読んでしまう間違いもたまに見られます。最後の「s」を「ス」と読んでしまう間違いにも気を付けましょう。 英単語は正しい読み方によって正しく使うことができます。ネイティブの発音を真似て、きちんと覚えましょう。

「whereas」の意味は「一方で〜だけれども」

「whereas」の意味は「一方で〜だけれども」という接続詞です。前文の情報と後文の情報が逆説的につながっていることを示す場合に「whereas」を用います。 「whereas」は「where」と「as」が合体した言葉です。また、「as which」(前置詞+関係代名詞)と言い換えることもできます。 ただし、「whereas」は文脈によって「~であるがゆえに」を意味することもありますので、使い方に注意しましょう。

「whereas」の使い方と例文

「whereas」は基本的に「一方で~だけれども」という意味ですが、文頭に置くと意味が変わることがあります。また、契約書の文言でも頻繁に用いられます。 ここでは特に「whereas」が用いられる場面を例文とその和訳を交えて、具体的に解説していきます。

「whereas」は文頭で使う

「whereas」は基本的に「一方で~だけれども」という意味ですが、文頭に置くと「~であるがゆえに」という意味に変わることがあります。主に以下の例文のような形で用いられます。 ・Whereas I am hungry, I want to eat something. (お腹がすいたので何かを食べたい。) この意味での「whereas」は順接の接続詞なので、「as(~なので)」や「because(~であるため)」に言い換えることができます。

「whereas」は契約書で用いる

契約書の前文を作成する際、「whereas」という言葉が頻繁に用いられます。主に以下の例文のような形で記載されていることが多いです。 ・WHEREAS, A company desires to sell the Product; and WHEREAS, B company desires to buy the Product; (A会社は当該商品の販売を希望しており、またB会社は当該商品の購入を希望しているので~) 「WHEREAS」とすべて大文字にすることが基本的な書き方となります。

「whereas」の類義語

「whereas」の類語として「while」と「on the other hand」が挙げられます。 ここでは、各単語の意味や使い方、「whereas」と異なる点に関して解説します。しっかり学習しておけば使い方の幅がさらに広がるので、これらの類語も積極的に覚えていきましょう。

while

「whereas」も「while」もともに逆説の接続詞ですが、「whereas」が相反する内容を比べるのに対して、「while」はその必要がありません。 ・Whereas he is good, she is not good. (彼は元気であるのに対し、彼女は元気でない。) ・While he is good, he is absent from school. (彼は元気なのに、学校を休んでいる。) 前者の例文は「~であるのに対して、一方~」と相反する前文と後文を比較しています。一方後者は「~であるが、にもかかわらず~」と後文が前文から推定されるものとは真逆の内容になっています。

on the other hand

「whereas」も「on the other hand」もともに前文と後文を比較するための言葉ですが、「whereas」が相反する内容を比較するのに対して、「on the other hand」はその必要がありません。 ・Whereas he is good, she is not good. (彼が元気である一方、彼女は元気でない。) ・He is good. On the other hand, she is pretty. (彼は元気だ。一方、彼女は可愛い。) 前者の例文は相反する前文と後文を比較しています。一方後者は前文と後文が相反せず、どちらもプラスの内容になっています。

まとめ

「whereas」は「一方で~だけれども」という意味であり、知っているとさまざまなビジネスシーンで役に立つ単語です。 「whereas」の意味や発音、類語をしっかり覚え、使い方をマスターして、自分の言いたいことを正確に相手に伝えられるようにしましょう。


関連記事