「whereas」とは

(画像:Unsplash

「whereas」という英単語を使用する機会は日本ではまだ多くありません。英語上級者でもその意味を知らないことがある「whereas」ですが、知っておくと海外生活やビジネスシーンでとても便利です。 ここでは「whereas」の発音と意味について説明します。

「whereas」の発音は「ウェアラズ」

「whereas」の発音は「ウェアラズ」です。 発音のポイントはアクセントの位置です。第二音声の「re」にアクセントを置きます。よくあるミスは第一音声の「whe」の部分を強く発音してしまうことです。また、「whereas」を「ウェレアズ」と読んでしまう間違いもたまに見られます。最後の「s」を「ス」と読んでしまう間違いにも気を付けましょう。 英単語は正しい読み方によって正しく使うことができます。ネイティブの発音を真似て、きちんと覚えましょう。

「whereas」の意味は「一方で〜だけれども」

「whereas」の意味は「一方で〜だけれども」という接続詞です。前文の情報と後文の情報が逆説的につながっていることを示す場合に「whereas」を用います。 「whereas」は「where」と「as」が合体した言葉です。また、「as which」(前置詞+関係代名詞)と言い換えることもできます。 ただし、「whereas」は文脈によって「~であるがゆえに」を意味することもありますので、使い方に注意しましょう。

「whereas」の使い方と例文

(画像:Unsplash

「whereas」は基本的に「一方で~だけれども」という意味ですが、文頭に置くと意味が変わることがあります。また、契約書の文言でも頻繁に用いられます。 ここでは特に「whereas」が用いられる場面を例文とその和訳を交えて、具体的に解説していきます。