ソフトバンクGが一時上場廃止を検討か?

1分でわかるニュースの要点

  • 最大2兆円規模の自社株買いを予定している
  • 過去には子会社の株を担保に融資を受けていた
  • 下落する株価と株主の信頼回復が急務

コロナショックの影響で株価が大きく下落

2020年2月に最高5,751円だったソフトバンクGの株価は、コロナショックの影響もあり19日時点で一時期2,687円にまで減少しています。この数値は2016年以来の安値です。ソフトバンクGはこの窮地に対し、どのような動きを見せているのでしょうか。

4.5兆円の資産売却と最大2兆円の自己株式取得を発表

ソフトバンクGは23日、自社株買いや負債削減を行うため、4.5兆円分の資産売却と資金化すると発表しています。そのうち最大2兆円を、自己株式取得と負債圧縮に充てる見込みです。 2兆円もの自社株買いは、ソフトバンクG史上最大規模および現金等の増加となります。低迷する市場評価と投資家の信頼回復のため、大きな施策に打って出たといえるでしょう。

2月には子会社の株を担保に5000億円の借り入れ

ソフトバンクGは2月25日に、子会社の株を担保にして約5,000億円の大型融資を借り入れています。日本国内でも最大規模の金額です。 マージンローンと呼ばれる手法を用い、保有株の1/3にあたる約9億5,300万株を担保に融資を受けました。融資期間2ヶ月、1年間の延長オプションが付いているとのことです。