百田尚樹の経歴

小説家として有名な「百田尚樹(ひゃくたなおき)」さんですが、当初は文才とは無縁のような生活をしていたとされています。しかし知的能力は高い人であり、その特徴が学歴にも顕著に表れています。 ここでは「百田尚樹」さんがどのような経歴があるかについて解説します。

同志社大学を卒業後放送作家となる

大阪府出身の「百田尚樹」さんは中学校までは地元で過ごしていました。高校時代は奈良県に移り住んでおり、添上高校という学校に進学しています。ここでは勉学をほとんどせず、趣味やバイトばかりやっていたとのことです。 高校卒業後は名門大学として有名な同志社大学に進学していますので、もともと知的能力の高い人だったと思われます。 大学自体は中退していますが、その後放送作家として活躍することになりました。

その後小説家として活動

放送作家として約25年間活動してきた「百田尚樹」さんですが、50歳のときに小説を執筆するようになりました。そのときのデビュー作である『永遠の0』が大ヒットし、一躍有名小説家の仲間入りを果たします。 その後も、『海賊と呼ばれた男』『フォルトゥナの瞳』『カエルの楽園』などヒット作を量産しており、その文才を世に広く知らしめました。 中には『殉愛』や『日本国紀』など世間で物議を醸しだすものもありましたが、引退するまでの間に多くの良作を生み出した功績は高いといえます。