「色眼鏡で見る」の意味と語源

(画像:Unsplash

「色眼鏡で見る」とは、「先入観や偏見に支配された見方で物事を判断すること」を意味する言葉です。 普通の眼鏡は透明なので、グラスを通しても周りのモノの色をそのまま見ることができます。一方、色眼鏡の場合、グラスの部分に色がついているので、グラスを通すと周りのモノの色をそのままみることができません。 この意味が転じて、「先入観や偏見などにもとづいて物事を判断する」という意味となりました。

「色眼鏡で見る」の意味は「偏見を持って人や物事を見たり評価すること」

「色眼鏡で見る」の語源

「色眼鏡で見る」の使い方と例文

(画像:Unsplash

「色眼鏡で見る」は話し言葉として用いることは稀で、主に書き言葉で用いられます。 色眼鏡で「見る」の「」の中の部分には、「判断する」などの動詞を入れ使用することもあります。 色眼鏡で見るの用法として、「色眼鏡」という言葉の後に、「目的語(〰を)」が入る場合がある点に注意が必要です。