1分でわかる座間9遺体事件

座間9遺体事件とは

  • ツイッターで出会った男女9名を殺害
  • 責任能力が認められるが、まだ裁判はしていない
  • 「サイコパス」ともいわれている白石隆浩の犯罪心理

座間9遺体事件の概要

「座間9遺体事件」とはインターネットで自殺志願者を募り、集まってきた男女を殺害するという恐ろしいた事件です。 被害者とはツイッターで知り合い、強制的に性交渉を行うなどした後は絞殺しています。では事件の経緯を順に見ていきましょう。

犯人である白石隆浩はツイッターで自殺志願者を募り、連絡をとっていた

犯人はツイッターを使って自殺志願者を募り、一緒に死のうといって連絡を取っていました。しかし犯人にとって自殺志願はあくまで口実であり、白石隆浩(しらいしたかひろ)には死ぬ気はありませんでした。 インターネットで集めた自殺に関する話をツイッターで呟き、興味を持った女性たちと交流を図り話を聞くなどして信頼を得ていきました。 犯人はツイッターで連絡を取ってやってきた女性を自宅に招き入れ、アパートの入居費用として金銭を借りましたが、その返済を免れるために殺害してしまいました。

被害者のほとんどは白石隆浩とツイッターで知り合った

被害者のほとんどはツイッターで知り合った悩みを抱えた女性たちでした。しかし殺害された中には行方不明の女性を探してやってきた男性もいます。 女性を殺害したことが発覚するのを恐れたためです。ツイッターで知り合った女性たちは自殺願望の持ち主でしたが、願望の段階であって実際に自殺をする強い意志はありませんでした。 犯人はツイッターというツールを使って、女性たちの心の隙間にうまく入り込みました。