日野OL不倫放火殺人事件の概要

日野OL不倫放火事件は1993年当時27歳のOLだった北村有紀恵が不倫関係の末、相手方の子供2人を放火によって殺害した事件です。当事者である男性やその妻ではなく、なぜ子供を手にかけたのでしょう。そこにはこの事件の核心といえる背景がありました。

とある夫婦の夫と北村有紀恵が不倫関係にあった

都内の電機メーカーに勤める北村有紀恵は1990年ごろから7歳年上の会社の上司の男性と不倫関係を持つことになりました。 男性は長身のスポーツマンタイプで妻子持ちでしたが、北村有紀恵もそのことは承知していました。最初はほんの遊びのつもりだったのかもしれません。 職場の上司と部下の関係は不倫関係が始まるよくある設定ですが、ちょうど妻が2人目の子どもを妊娠した時期に2人の中は親密になっていきました。

不倫相手の身勝手な行動で北村有紀恵は中絶を2度経験

北村は不倫相手の男性と肉体関係を持つまでになりました。男性は「いずれ妻とは離婚する」ということを北村に伝え、彼女と性的関係を続けました。 また「離婚が成立するまでは中絶するように」と男性に言われ、これらの言葉を信じました。北村は二度妊娠しますが二度とも中絶手術を受けました。 この間男性の妻は第二子を身ごもり、出産のため実家に一時帰省しました。その隙を狙って男性は北村との「ゲス不倫」を自宅で楽しみました。