1分でわかる蛮社の獄

蛮社の獄と江戸幕府における方針変更

  • 1939年に言論弾圧事件である「蛮社の獄」が起こり、高野長英・渡辺崋山などが処罰される
  • 「蛮社の獄」のきっかけは異国船打払令により非武装船を砲撃した「モリソン号事件」
  • 1843年のアヘン戦争を受け江戸幕府は天保の薪水給与令を発令、近代化へと舵をきった

蛮社の獄の概要

「蛮社の獄」とは蘭学者が江戸幕府によって、言論弾圧された事件のことです。国学者が蘭学者を「蛮社」との蔑称で呼んでいたことが、事件名の由来です。蘭学の興隆に危機感を持った幕府が、蘭学者たちを処罰しました。この事件には当時の諸外国との関係もかかわっています。 まずは、この事件の概要について詳述します。

1839年(天保5年)におきた言論弾圧事件

「蛮社の獄」は、江戸時代である1938年5月に起こった事件です。当時、日本に多数の外国船が来航するようになり、江戸幕府に就航を求めていました。しかし、当時日本は鎖国をしていました。そのため江戸幕府は外国船の入港を認めず、外国船を砲撃する方針を固めたのです。 しかし、難破して漂流した日本人漁師が外国船に助けられることも多く、非武装船まで問答無用に打ち払うことに意義を唱える学者も少なくありませんでした。 蘭学者の代表的な1人である河野長英も著書「戊戌夢物語」の中で、武装・非武装にかかわらず外国船は容赦なく砲撃する江戸幕府の方針に意義を唱えたました。反対意見を重く見た幕府は、蘭学者の言論を弾圧するようになります。

蘭学者の高野長英、渡辺崋山などが処罰された

1837年に「モリソン号事件」が起こります。事件の内容は後に詳述しますが、これを受けて蘭学者と儒学者からなる尚歯会は江戸幕府への批判を匿名で始めます。 尚歯会に属していた高野長英に続いて、渡辺崋山も「慎機論」という書により「モリソン号事件」での江戸幕府の対応を非難します。 その結果として高野長英は無期懲役、渡辺崋山は江戸通報並びに故郷の田原藩で謹慎という処罰を受けました。