第三者割当増資を約43億円で引き受け

ヤマダ電機の代表取締役社長三島恒夫(つねお)氏は自社のホームページ上で、12日12日の取締役会で大塚家具の第三者割当増資を約43億円で引き受け、同社を傘下に収めと発表しました。 取得価格は43億74百万(1株145.8円)で、支出比率を50%超としヤマダ電機の完全子会社化となります。 大塚家具は経営方針などを巡り、前社長の大塚勝久(かつひさ)氏と大塚久美子(くみこ)氏が対立し、「お家騒動」などと報道させれイメージが悪化、競合店の台頭もあり営業収益が6年連続の赤字となっていました。

ヤマダ電機と大塚家具は2月から業務提携

記者会見でヤマダ電機の山田昇(のぼる)会長は、大塚家具とは来年2月から業務提携を行うとし、自社が進めるリフォーム事業や家具・住宅関連商材などを揃えた「暮らしまるごと」のコンセプトにシナジーが生まれることを期待しています。 ヤマダ電機と大塚家具は、かねてからオフィスやホテルなどへの納入を協力してきた経緯があり、互いの利益向上が確認できたことで連携を強めていく考えです。

大塚家具は6年連続の赤字

大塚家具は大塚久美子社長に代わってからも経営不振は続き、営業損益も6年連続で赤字となっていました。 同社はヤマダ電機など複数社に増資引き受けを求めていましたが、出資比率が折り合わずヤマダ電機の傘下入りに同意した模様です。