名古屋市西区主婦殺害事件の概要

名古屋市西区主婦殺害事件は、名古屋市在住の主婦が何者かに殺害された事件です。犯行は当時母親と家にいた2歳だった息子の目の前で行われています。 事件から20年の歳月が経過していますが、いまだに解決の糸口も見つかっていません。一体どのような経緯で、幼い子供の前で母親を殺害するという恐ろしい事件が起こってしまったのでしょうか。

名古屋市在住の高羽奈美子さんが何者かによって殺害された

事件が起きたのは1999年のことであり、名古屋市在住の高羽奈美子さんが何者かによって殺害されたというものです。高羽奈美子さんは、首を刃物で刺されていました。 高羽奈美子さんはごく普通の主婦でした。前日に2歳になる息子が熱を出したため、事件当日夫の出勤を見送った後に小児科に出かけています。 小児科から帰宅した姿を近所の住民が目撃しており、その時は変わった様子はなく特に不審者も見かけられなかったといいます。

殺害された現場には当時2歳の息子である航平くんもいた

母親が殺害された現場には、当時2歳の息子である航平くんもいました。犯行は目の前で行われたとされています。 まだ幼い息子には母親に何が起こったのかよくわからなかったようで、遺体のそばでおもちゃで遊んでいたといいます。 息子の航平くんには特にけがなどはなく、遺体を発見した大家にすぐに保護されました。当時あまりにも幼かった航平くんには、事件の記憶どころか母親の記憶もないそうです。