1分でわかるシーランド公国

1分でわかるニュースの要点

  • シーランド公国はイギリス南東の海にある自称最小の国
  • 1967年に独立を宣言したが承認されていない
  • イギリスとの領有問題やクーデターが起きたことも

シーランド公国とは

シーランド公国はイギリス近海にあるミクロネーション(未承認の自称国家)です。独立宣言から50年の歴史がありますが、領土は200平方メートルほどの海上要塞のみです。 誰がいつ、このような国家を創設したのでしょうか。

海上の要塞を占拠

シーランド公国の元になった海上要塞は、第二次大戦中の1942年にイギリスを防衛するため、グレートブリテン島の南東10kmの地点に作られました。本来はラフス砦、ラフスタワーという名前でした。 海上要塞は戦争終了後に放置されていましたが、海賊放送を運営していた元イギリス陸軍少佐パディ・ロイ・ベーツが1967年9月2日に、息子マイケルとともに不法占拠しました。

パディ・ロイ・ベーツにより建国

パディ・ロイ・ベーツは海上要塞タフスタワーを不法占拠した後、要塞がイギリスの領海ギリギリ外にあったことを利用して、勝手にシーランドと名づけた上で独立を宣言しました。 そしてパディ・ロイ・ベーツは自らシーランドの公やロイ・ベーツ公などと名乗り、息子をマイケル公太子としました。