個人情報の紛失・流出

一言で言えば情報漏洩です。高度情報化社会の現代において、情報セキュリティは非常に重要になっています。悪意のあるハッカーによって盗まれるケースもありますが、多くの場合は従業員の過失や故意です。以下は実際にあった紛失・流出の事件です。 ・2015年、東京商工会議所がセミナー参加者の名簿を盗まれた ・2015年、りそな銀行行員が芸能人の来店情報をリーク ・2015年、日本年金機構がコンピューターウイルスで情報流出

居心地の悪い社内環境

居心地の悪い社内環境は労働の意欲を削ぎ、それが業務上のミスや不正行為に繋がります。具体的な事例は以下の通りです。 ・パワハラが横行している ・上司と部下、社員同士に信頼関係がない ・信頼できないので相談も提案もできない ・努力が評価されず、失敗を責められるので萎縮する ・過度な社員同士の競争、高すぎるノルマの設定

コンプライアンス違反による弊害

コンプライアンス違反の内容にもよりますが、それによって生じる弊害は多岐に渡ります。違反が発覚した場合、社会的信用を失うだけでなく、刑事罰や民事訴訟で責任を問われる可能性があります。以下はその例です。 ・赤字隠蔽の粉飾決済は特別背任罪や詐欺罪に当たる ・未公開情報の不正利用はインサイダー取引となるので金融商品取引法違反 ・個人情報の流出は個人情報保護法違反となり、さらに民事訴訟のリスクがある

コンプライアンスを遵守し、働きやすい環境を構築

現代の会社には、社会的責任があります。営利企業として利益を追求するだけではなく、自社の従業員も含めて、社会福祉に貢献していかなければいけません。 そのためにはコンプライアンスをしっかりと見直し、遵守して、労働しやすい環境を作り上げる必要があります。会社を発展させるために、ぜひ他人事と考えずに実践してみてください。