コンプライアンス遵守の重要性

1分でわかる記事の要点

  • コンプライアンスは法令を遵守すること
  • コンプライアンスには社内規則や社会的倫理も含まれる
  • コンプライアンス違反は企業生命に関わる

コンプライアンスが重視されるようになった背景

コンプライアンスが重視されるようになった背景には、日本政府の行政改革大綱があります。これは2000年から推進されはじめました。 行政改革大綱には企業の自己責任体制の確立と、徹底した情報公開が盛り込まれました。さらに2000年代では粉飾決済などの企業の不祥事が相次いだこともあって、コーポレートガバナンス(企業統治)の重要性も高まったのです。 こういった時代の変化に合わせて、企業が直面するあらゆる事態のリスクを軽減するために、コンプライアンスの重要度が急速に高まりました。

コンプライアンスに含まれること

コンプライアンスは日本では主に企業コンプライアンスの略称として使われることから、これまで「法令遵守」と訳されてきました。しかし実際の用法では単に法律を守るだけでなく、社内規則や倫理観といった、より広い意味で使われることが一般的になってきています。

法律・法令

コンプライアンスに含まれるものとして、もっとも知られているのは法律・法令の遵守でしょう。簡単に言えば、経営者が会社を運営する上で、拠点とする国や自治体の法律や条令を守らなければいけないということです。 コンプライアンスのもっとも基本的かつ包括的な部分なので、絶対に疎かにしてはいけません。