まとめ

年収650万円から695万円までの手取り額の目安や税金・社会保険について解説しました。健康保険や厚生年金はインターネット上で保険料が公開されているため、給与明細と照らし合わせてみると仕組みが理解できます。 年収と手取りの差額を知ることで、無駄遣いを防ぎ計画的に貯金することができます。