年収650万円で車にかけられる金額はいくら?解説します!

経済

2019年6月12日

「年収650万円の人が乗っている車」と聞いて、どんな車を想像しますか。年収650万円と言っても、生活のスタイルはさまざまですので、みんなが高級車に乗っているというわけではないようです。今回ビジキャリでは「年収650万円で車にかけられる金額」について解説します。

年収650万円で車にかける適切な金額

年収650万円の人は一般的には高収入な方だと言えます。しかし、無理して高額すぎる車を購入してしまうと、生活が苦しくなる恐れもあります。 ここでは年収650万円の人はどれくらいの金額を車にかけられるのか、また月々の支払いはどの程度にすべきなのかについて詳細に説明していきます。

車の価格

年収650万円の人の場合、金融機関で組むことができるカーローンも高額になります。金額は230万円から290万円程度と考えることができます。 独身者の場合、金額にして290万円から350万円ほどの車を買うことができます。また、子供がいる人は子供の養育費などを支払わなくてはならないので、カーローンの範囲内、つまり金額にして290万円以内の車を購入するのが安全だといえます。

月々の支払い

年収650万円ならば、単純計算をすると月々の収入は54万円ほどとなります。 独身者が350万円(諸経費込み)の車を買ったとして、月額払い(4%金利)にしたとすると、4年で完済するには月7万9000円程度支払わなくてはなりません。 また、子供がいる場合、子供の養育費などの費用も考慮して、290万円(諸経費込み)の車を購入したとすると、4年で完済するには月額払い(4%金利)で月6万6000円ほど支払う必要があります。

年収650万円で購入できる限度額の車

年収650万円の独身者の場合、350万円までの自動車ならば買うことができます。乗車人数を考慮しないならば、ホンダのウェゼルやスバルXVなどはスタイルも燃費も良いのでおすすめします。 家族がいる場合、290万円までの自動車ならば買うことができます。乗車人数を考慮する必要があるため、コンパクトカーのスズキソリオやミニバンのトヨタシエンタ&ヴォクシーなどがおすすめです。

1人暮らし、2人暮らしにおすすめの車

年収650万円の人でも、その家族の人数によって、買うことができる自動車が異なってきます。たとえば独身者なら買える車でも、配偶者もいると買えない場合があります。 ここでは年収が650万円で独身の場合及び配偶者がいる場合において、どれくらいの金額の自動車が適切なのか詳しく解説していきます。

車の価格

先ほど述べた通り年収650万円の独身者ならば、290万円から350万円程度の自動車を買うことができます。 また2人暮らし(配偶者が無収入)の場合、配偶者の生活費を考慮する必要があるため、自動車の購入金額を下げなくてはなりません。すなわち、配偶者の生活費が年間50万円くらいだとすると、300万円くらいまでの自動車を買うのが適切といえるでしょう。

月々の支払い

先ほど述べた通り、独身者が金利4%で月々7万9000円ほど支払うならば、350万円(諸経費込み)の車を4年で全額支払うことができます。 また2人暮らし(配偶者が無収入)の場合、配偶者の生活費も考慮して、290万円(諸経費込み)の車を購入したとすると、4年で完済するには、金利4%で月々6万6000円ほど支払う必要があります。

3人家族以上におすすめの車

年収650万円の人でも子供がいれば養育費などを支払う必要があり、独身者や2人暮らしと比較して安い金額の自動車を買うことになります。 ここでは年収が650万円の人で3人家族以上の場合、どれくらいの金額の自動車が妥当なのか詳しく解説していきます。

車の価格

先ほど述べた通り年収650万円で3人家族(配偶者と子供は無収入)ならば、290万円程度までの自動車を買うことができます。子供の養育なども支払う必要があるので、その分1人暮らしや2人暮らしよりも安い自動車にせざるを得ません。 また子供2人以上がいた場合、さらに安価で車を購入することになります。乗車人数も考慮すれば、100万台の中古のミニバンを買うのが最も妥当と言えるでしょう。

月々の支払い

先にお伝えした通り、3人家族(配偶者と子供は無収入)ならば、子供の養育費などを考慮して、290万円(諸経費込み)の車を買ったとすれば、4年で全額を支払うには、月々6万6000円(金利4%)程度支払うことが必要です。 一方子供が2人以上いるならば、3人家族以上に養育費などがかかります。230万円(諸経費込み)程度のミニバンを買ったとして、4年で完済するには、月々5万2000円(金利4%)程度支払うことが必要です。

まとめ

年収650万円は一般的に見ると裕福な方だと言えます。しかし家族の人数によっては買うことができる自動車が異なります。自らの収入や家族構成を考慮し、無理なく支払える範囲を見定めなくてはいけません。 この記事を参照にして、ご自身の年収や家族構成に合わせて妥当な金額の車を購入するようにしましょう。


関連記事