河野太郎の英語力が評価されている

(画像:Unsplash

外務大臣として他国の代表と協議する際には、共通語である英語が欠かせません。日本人は英語が苦手と言われていますが、その中でも河野太郎の英語力はかなりのものです。 もちろん大学時代にアメリカに留学していたことが大きいでしょう。しかし、他の政治家と比べても流暢な英語を話しています。 インターネット上では全て英語のスピーチで会場の笑いを誘うなどの映像が話題となり、彼の英語は皆の知るところとなりました。

河野太郎は父親に肝臓を移植していた

(画像:Unsplash

父の洋平は70年代からC型肝炎に悩まされていました。2000年代に入るまでは手術をすることなく過ぎていたのですが、ついに肝臓移植の手術を受けることになります。 その時にドナーとして手を上げたのが息子の河野太郎です。彼は自身の肝臓の一部を提供することで父の命を救いました。これによって脳死移植の推進も明言しています。 後遺症としては食欲が減ることや、メスを入れた腹筋のこむら返りなどがあったようです。

河野太郎はツイッターで話題に

(画像:Unsplash

政界にも強い力を持つ河野太郎ですが、最近ではSNSで若い人たちの心も掴んでいます。 ツイッターのフォロワーから寄せられるリプに返信することで、国民との距離が非常に近い政治家とも言えるでしょう。アメリカのドナルド・トランプ大統領のようにSNSを巧みに利用する、新しいタイプの政治家とも言えるかもしれません。

エゴサ

注目すべきは彼のエゴサーチ能力です。通常通りに検索した場合には確実にヒットしないであろうツイートも拾ってくる能力が彼にはあります。 例えば「河野太郎」という文字を記号だけで書いたツイートだったり、モールス信号で表したものまで拾ってくるのです。河野太郎は「念力を使っている」と発言しています。 この究極とも言えるエゴサ能力が話題となり、ネットユーザーたちは次々と河野太郎に関する暗号を開発している状況です。