未来工業はホワイト企業として有名。数々の賞などを受賞している

「未来工業」は、岐阜県にある電設資材メーカーです。残業なし、営業ノルマなし、従業員はすべて正社員など、耳を疑うほど社員を大切にする会社です。 経済産業大臣賞など数々の賞を受賞し、マスコミにも度々取り上げられています。今回は、ホワイト企業を代表する「未来工業」の秘密を探っていきましょう。

未来工業とは

1965年に岐阜県で設立された未来工業は、2019年3月末時点で資本金70億67百万円、売上高360億35百万円、従業員数1208名の 電設資材メーカーです。(数字は連結です) 取り扱う製品は2万点にのぼり、その中には独自開発した製品が数多く含まれています。住宅着工の追い風を受けて業績も好調です。では、その内容を見ていきます。

電気設備資材などの製造をおこなっている

未来工業の事業は、建築現場で必要となる防火部材、エアコン配管材、ケーブル支持具などの電設資材や、リフォームでも必要となる排水、空調、給水給湯などの設備に関連した管材を製造・販売しています。 ここ数年、多くの建築現場で作業員不足が深刻化しています。そのため、効率性と安全性を兼ね備えた、それぞれの現場に適した商品の開発が必要になっています。未来工業は、その需要を取り込むための商品開発力に定評があります。

東証1部と名証1部に上場している

未来工業は、東京証券取引所と名古屋証券取引所の何れも第1部に上場しています。株式を上場させると会社の知名度や信用力が格段に上がります。 その結果、優秀な社員を獲得したり、事業資金の調達方法も銀行融資だけではなく、増資や債券発行など多様化します。一方で、企業は株主に対して正確な経営状況を説明する義務が生じます。業績が悪いと経営に口を挟んだり、役員に対して経営責任を追求する株主も出てきます。