新型コロナウイルスの早期収束は絶望的

新型コロナウィルス(COVID-19)は大方の希望的観測や期待を裏切り、早期の終息はあり得ないだろう。 アメリカ、ブラジル、インドなど、世界160か国以上で感染者も死者もうなぎ上りである。日本では感染者数は増えているとはいえ、それでも連日5万人が感染し1000人以上が死亡するアメリカとは現時点では比較にならない。 特効薬やワクチンの研究開発も進んでいるが、大手製薬メーカーの利権最優先の姿勢では安全性に関する懸念も払しょくされそうにない。

ワクチン開発の利権問題

ロシアでもベトナムでも既にワクチンを開発したと発表しているが、その効き目は不明である。 中でも、アメリカのトランプ大統領や娘婿のクシュナー氏による政府開発資金をエサにした特定の製薬メーカーとの癒着ぶりは目に余る。 そのため開発された場合でも 「ワクチンは接種しない」 というアメリカ人が多い。 というのも、ワクチン開発に熱心なビル・ゲイツ氏は以前から 「世界人口が増え過ぎているので人口抑制策を採らねば人類は破滅する」 との持論を展開しているため、 「ワクチンには人口抑制の仕掛けが組み込まれているのでは」 との疑念が後を絶たないからである。 WHOのテドロス・アダノム事務局長に言わせれば、 「期待はしているが、ワクチンは永遠に完成しないかも知れない」 と穿った見方さえ隠さない。

新型コロナウイルスの発生源の謎

いずれにせよ、われわれは新たな時代に向き合う覚悟が必要である。 これまで人類はスペイン風邪をはじめ様々な感染症に対処してきた。 その都度多くの屍を乗り越えてきたのが人類の歴史といえよう。 そうした犠牲の上に新たな治療薬を開発し、生活様式を変えることで、われわれは今日まで生き延びてきた。 しかし、今回のウィルスはこれまでとは違う。 一般的には自然発生と見なされているが、実態は不明のまま。 軍事専門家の間では生物化学兵器との見方が根強い。 なぜなら、コウモリなどから病原菌を採取培養し、兵器として利用しようとする研究はアメリカ、中国に限らず、ロシアやイスラエルなどでも長年にわたり行われてきた歴史があるからだ。 日本では報道されていないが、イランやスリランカの国家指導者も 「新型コロナウィルスは人工的に開発された生物化学兵器に他ならない」 と断言し、国連の軍縮委員会でも同様の疑念を表明しているほどである。

アメリカ、中国による生物化学兵器の研究

実は今回の新型コロナウィルスに関しても、アメリカは中国の武漢が発生源だとし、「中国政府が人から人へ感染する事実を隠蔽したことで世界に広がった」と責任を中国に擦り付けようとしている。 一方、中国は 「武漢にウィルスを持ち込んだのはアメリカだ。2019年10月、武漢で開催された世界軍人オリンピックに参加した米軍関係者がウィルスを密かにばらまいた。そのためヨーロッパからの参加者の間でも感染が広がった」とし、更には「CIAがナノ・ドローンを使って世界にウィルスを拡散している」 との反論を展開。 実態は藪の中だが、明らかなことはアメリカも中国も生物化学兵器の研究には資金と時間をかけてきたという事実である。アメリカ陸軍が中心となり進めてきた細菌兵器の研究所は国内にとどまらず、旧ソ連のグルジアやウクライナにも計25か所存在している。ロシア包囲網を形成するのが目的とされてきた。