白鳥由栄の脱獄に至る経緯

白鳥由栄は強盗殺人の罪で、1935年に逮捕されました。彼自身は無実を主張していましたが受け入れられず、刑務所で劣悪な扱いを受けたことから、脱獄を決意しました。都合4回にわたる脱獄はすべて、理不尽な扱いに抗議する白鳥由栄の義憤がきっかけです。

発端は強盗殺人事件による逮捕

白鳥由栄は1907年に青森県で生まれました。22歳で結婚して長女も生まれたものの、不況が原因で仕事を転々と変えたそうです。 白鳥由栄はそのうちに窃盗を働くようになり、1933年4月に仲間とともに強盗殺人を犯してしまいました。2年後の1935年8月、別件で仲間が逮捕されたことを知った白鳥由栄は、犯行を自供して逮捕されています。 この最初の逮捕については諸説あるようです。仲間の逮捕を知った義理堅い白鳥由栄が自ら自首したとも、取り調べで仲間が真相を話したと誤解して自供したともいわれています。いずれにしても白鳥由栄自身は、殺人については否定して無実を主張しています。

刑務所での対応は酷かった

白鳥由栄は無実を主張しましたが、裁判では有罪となりました。1935年12月、青森刑務所へ収監され、そこから白鳥由栄の脱獄と投獄を繰り返す人生が始まりました。 獄中の白鳥由栄の待遇は、とにかく劣悪でした。ほとんど人間扱いされることはなかったため、白鳥由栄は待遇改善を訴えて何度も抗議したそうです。 しかし刑務所側は彼の主張を一切聞き入れず、より一層過酷な懲罰を科しました。刑務所内の待遇と看守の態度に怒りを覚えた白鳥由栄は、脱獄を計画するようになります。