大阪富田林署から逃走した樋田淳也

大阪富田林署から逃走した樋田淳也

  • 強姦と窃盗で逮捕された樋田淳也容疑者
  • 弁護士との接見中に富田林書から逃走
  • 日本中を逃走し49日後に山口県内で逮捕

2018年8月12日、大阪府警富田林署に強姦と窃盗の容疑で勾留されていた樋田淳也容疑者(ひだじゅんや、当時30歳)が弁護士との接見中に逃走しました。 樋田淳也容疑者は無関係の男性と共に自転車で日本一周を目指す旅行者を装って逃走を続けましたが、49日後の9月29日に山口県周南市の道の駅で万引きし逮捕されています。

2018年に起きた脱走事件

当時30歳だった樋田淳也容疑者は2018年5月以降に強制性交や強盗致傷を何度も繰り返したとして合計4回逮捕されていました。 8月8日から大阪府の富田林警察署に勾留されていた樋田淳也容疑者は8月12日に弁護士と接見していた際にアクリル板を破って外部へ逃走したのです。 42歳の巡査部長が樋田淳也容疑者の勾留中にスマホで不適切な動画を視聴するなど富田林警察署の対応も批判され、署長など7人が減給や戒告などの懲戒処分を受けています。

約1ヶ月半後に山口県で逮捕

樋田淳也容疑者が強姦や窃盗などの犯罪を繰り返していたため、逃走により大阪府に住む女性や児童・生徒は不安を抱えることとなり集団登下校も行われました。 ところが約1ヶ月半後に樋田淳也容疑者が逮捕されたのは地元の大阪府ではなく約400km離れた山口県周南市の道の駅です。 樋田淳也容疑者は富田林署から逃亡した後に兵庫県などを経由して四国に入りお遍路を装います。本州に戻ると自転車旅行者を演じて瀬戸内海沿いに移動していました。

樋田淳也(ひだじゅんや)容疑者

樋田淳也容疑者は1987年12月29日に大阪府松原市で生まれました。父親は市役所に勤務していましたが2008年頃に亡くなっています。 樋田淳也容疑者は裕福な家庭で育ったと見られており、実家は大地主だったという情報もあるほどです。小学生の頃は明るい性格でボーイスカウトにも参加していましたが、中学生になってから不良グループと付き合うようになります。彼は一体どんな人物だったのでしょうか。