「hang out」の発音は「ハングアウト」

(画像:Unsplash

「hang out」の読み方は「ハングアウト」です。「ハ」を発音するときに「ア」と「エ」の中間の音で発音するのがポイントです。また、「グ」と「ア」が連結して「ガ」と発音される場合もあるので、リスニングのときは注意しましょう。 「hang out」は英語圏の方が日常的によく使うフレーズです。話していて意味のわからない単語があると、とたんに話についていけなくなり、疎外感を覚えてしまいますよね。 「hang out」の意味をしっかりおさえ、英語圏の方とそつなくコミュニケーションをとりましょう。「hang out」を使いこなし表現の幅が広がることで、人間関係もまた広がりを見せるはずです。

「hang out」の意味と使い方

(画像:Unsplash

「hang out」にはいくつかの意味があり、場面に応じて意味を推測する必要があります。まず「hang out」の意味と使い方を順番に解説するので、しっかり理解しましょう。 「hang out」は日常的によく使う表現なので、意味を理解すると英語圏の方とのコミュニケーションをより楽しめるようになるはずです。

遊びに誘う

「hang out」には、「目的なく若者が遊ぶ」「ぶらぶら遊んで時間をつぶす」という意味があります。「hang out」は若者言葉では頻出なので、しっかり覚えておきましょう。 「遊ぶ」というと混同されがちなのが「play」ですが、こちらは子どもに対して使われる表現で、大人や若者に使うのは一般的ではありません。 「Let's hang out.」と表現すると、相手を気軽に遊びに誘うことができます。「hangout」を使った例文と和訳をご紹介します。 ・He is hanging out with his friends. (彼は友達と遊んでいます。) 「hang out」を使う場面は、異性・同棲、友人・家族・恋人など相手を問いません。ただ、かしこまったお出かけというよりは、気楽でカジュアルな雰囲気を表します。また、特定のゲームをして遊ぶなど明確な目的をもって集まる場合も、「hang out」はあまり使用しません。

外に出す

「hang out」には、「外に出す」「外に出ている」という意味もあります。洗濯物を干すときやシャツがズボンから出ているとき、旗や看板を屋外に掲げるときなどに使います。 「hang」にはもともと「かける」「つるす」などの意味があり、「out」は「外に」という意味です。そのため、「hang out」をそのままの意味で用いたパターンといえるでしょう。 「hang out」を「外に出す」というニュアンスで使っている例文と和訳は下記の通りです。「to」のあとに、「外に出す」目的となる動詞をおいています。 ・I'm hanging out to dry. (私は洗濯物を干している。) 「ぶらぶら遊ぶ」という意味で使われる場合ほど使用頻度は高くないですが、覚えておくと安心です。