1分でわかるヒアリ

「ヒアリ」被害とその恐ろしさ

  • 「ヒアリ」は大変危険な生物
  • 人的な被害だけだなく、農業分野など経済的な影響も大
  • 「ヒアリ」の被害を予防することはある程度可能

東京青海埠頭でのニュースを皮切りに取り上げられるようになった「ヒアリ」という生き物は、すでにこれまでも日本の港でその存在が確認されており、多数の被害報告もあります。 「ヒアリ」とは刺されると火傷したような症状が出るうえ、酷い時には死亡することもあるとても危険な生き物です。日本に定着してしまうと家畜や生態系へ大きな影響が出るともいわれるため、予防が大切にです。

ヒアリに関するニュース

昨今度々テレビをにぎわしている「ヒアリ」という生き物をご存じでしょうか。「ヒアリ」とは外来生物であり刺されると稀にではありますが死に至ることもあるとても危険な生き物です。 そんな生き物がどうやって日本へ入ってくるのか、どれだけ上陸していてどのような被害が出ているのかを順を追って解説していきます。

東京の青海埠頭でヒアリが発見された

東京都の青海埠頭で2019年の9月に1回、10月に2回「ヒアリ」が発見されたことがニュースとして報道されたことは記憶に新しいのではないでしょうか。 「ヒアリ」は特定外来生物でもありとても危険な生き物のため、東京都は環境省とともに発見後追加調査を行っています。 調査結果としては多数の羽がある女王アリが確認され、さらには一定以上の規模のコロニーまで形成されていました。確認されたコロニーはすでに殺虫処分をしているものの女王アリが飛び立った可能性もあるとして調査が続けられています。

海外からのコンテナに付随してきた可能性が高い

「ヒアリ」が日本に上陸した経路としては、海外から船に乗せて運ばれるコンテナに付随していたものです。 「ヒアリ」はとても危険な生物であるために当然各港でも警戒はされていましたが、2017年5月に中国から出航されたあと港にしばらく保管されていたコンテナ内部に「ヒアリ」のコロニーが発見されました。 確認された生物が「ヒアリ」であったためにコンテナ内を燻蒸消毒するとともにトラップなどを設置し、そのほかに侵入がないかを調査することとなりました。