日進月歩の読み方は「にっしんげっぽ」

(画像:Unsplash

「日進月歩」はテレビや新聞、雑誌などでよく見聞きする四字熟語です。特に文明や技術開発分野などで多用されおり、座右の銘としている人も多いことでしょう。 「日進月歩」の読み方は音読みが基本で「にっしんげっぽ」です。発音する際には「に」の音で上がり「っしんげ」から下がり「っぽ」に続きます。

日進月歩の意味や由来

(画像:Unsplash

「日進月歩」は日常会話で頻出するものではありませんが、比較的広く知られている四字熟語です。しかし意味を問うと、「日に日に進歩する」「月を経るにつれて進歩する」と答える人が多いと言われています。 ここでは「日進月歩」の意味並びにその由来について説明します。正しく覚えて、適切に使えるようにしておいてください。

日進月歩の意味は「日ごと月ごとに進歩すること」

「日ごと・月ごとにとどまることなく、急速に進歩する」というのが、「日進月歩」の意味です。「進歩のスピードが速い」「常に進歩する」ことを指して使われることが多いです。 しかし「日進月歩」が使われるようになった頃は「日に日に、さらには月ごとに見ると良い方向に進み変わっている」という意味で使われていたという説もあるそうです。

日進月歩の由来

「日進月歩」の由来ですが、「日進」という言葉は古代中国で書かれた「天論」に記述があります。しかし「月歩」はなく、日本古来の説話にも登場しません。 四字熟語のほとんどに語源や由来があるものですが、「日進月歩」に限っては語呂の良い組み合わせになるようにつくられたと考えられています。その際「日~月~」に2つに分けた「進歩」を交互に組み合わせたという説が有力です。