国母和宏とは

国母和弘は国際的に著名なプロスノーボーダ―です。アスリートとして全米オープンで連覇するなどの経歴を持ち、引退後はバックカントリースノーボードで活躍しています。 しかし、私生活面では、2010年のバンクーバーオリンピックでは選手にふさわしくない服装で注意を受け、今回は麻薬取締法違反で逮捕されました。以下で、詳細にみていきましょう。

世界で活躍するプロスノーボーダー

国母和弘は、世界で活躍するプロスノーボーダーです。北海道石狩市出身の31歳。小学校在校中の11歳の時にプロ試験に合格し、12歳でプロ契約しています。 高校時代に三大国際大会の一つ、スイスのサースフェー大会に優勝して頭角を現し、オリンピックに2回出場、2010年と2011年の全米オープンに連覇するなど活躍しました。 現在はバックカントリースノーボーダーとしてスポンサー契約は10社以上とも言われ、多くの雑誌の表紙を飾るなどの活躍をしています。

バンクーバー五輪での素行の悪さが批判された

国母和弘は2010年のバンクーバーオリンピックでは、その素行の悪さが批判されました。 成田空港に緩んだネクタイ、ズボンを下げた腰パンにシャツの裾も出し、サングラスに鼻ピアス、トレッドヘアという姿で現れ、居合わせた人たちを驚かせました。 日本オリンピック委員会(JOC)に抗議が殺到し、JOCも日本選手団公式服装着用規定違反として厳重注意をしましたが、その後の謝罪会見でも「反省してまーす」と言ってマスコミから袋叩きに遭いました。