相手のみならず自分の理解にも繋がる

傾聴力の意義として忘れてはいけないのは、傾聴力は相手のみならず自分の理解にも繋がるということです。人は他者の理解を自分と比較する形で行います。 相手の考えや感じ方を自分だったらどうかと考えることによって理解しようとします。その結果自分だけでは気づけない自分自身の本質的な部分にスポットをあてることができるようになります。

傾聴力を3つの要素に分解

では傾聴力を見につけている人は具体的にどのような人なのでしょうか。傾聴力がある人を三つの要素スキルに分解して考えてみましょう。「相手の話を誘導するスキル」「相手の話を要約するスキル」「相づちなどの聞く態度に関するスキル」の三つです。

相手が話す状況に誘導するスキル

当たり前ですが相手が適当にしか聞いていないとわかると話す気がなくなります。傾聴力のある人は相手に自分のことを話したいと思わせることができます。 ただ聞いてもらうだけでも一定の意味がある場合もありますが、本当に傾聴力のある人はひょっとしたら自分の抱えている問題を解決に導いてくれるかも知れないと期待させる何物かを持っています。だからこそ普通は話さないようなことまでも話します。

情報をまとめる、要約するスキル

ビジネスシーンでは話しながら考えるということがままあります。自分自身の頭の中で完全にはまとまっていなくても口に出すことがあります。その際聞き手がうまく自分の話をまとめ、要約してくれれば相手に好感を抱き一層コミュニケーションが深まります。 傾聴力のある人は要約上手です。一言で相手の本当にいいたいことをいいあてることができます。このような傾聴力のある人とはビジネスシーンでも良好な関係を構築したいと考えるのが普通です。