ビジネスシーンでの傾聴力の意味とは

傾聴力は他者との関係性を構築するための重要なスキルです。傾聴力は話を正しく聞き取ることだけなのでしょうか。傾聴力はビジネスマンにとってどのような意味があるのでしょうか。傾聴力の本質を探ります。

相手との信頼関係を産む

傾聴力を相手の話を聞くことだけと理解してはいけません。傾聴力の本質は相手との信頼関係の醸成です。信頼関係の醸成は相手に寄り添い、深いレベルで相手を理解することっから生まれます。 もともと傾聴力はカウンセリングやコーチングなどの領域で使われていたコミュニケーション要素の一つです。

議論の活発化に繋がる

ビジネスシーンでは特にいえることですが、コミュニケーションは受信と発信の繰り返しで成り立っています。議論はこの受信と発信の両方を活性化しないと深まりません。 傾聴力はこの受信に関わるスキルです。双方が一方的に発信だけしていても議論は独りよがりのうわべだけのものになってしまいます。「話し上手は聞き上手」という言葉があります。議論を活性化するためには、まず相手を深く理解する傾聴力を磨く必要があります。