「affect」の意味は「〜に影響する」「〜のふりをする」

今回は「affect」という言葉について解説を行います。 「affect」は「アフェクト」と読み、「フェ」を一番強く発音します。 主に「〜に影響する」「〜に作用する」という意味を持つ動詞で、他には「感動させる」「冒す」などの意味があります。つまり、他の人やものに何かの影響を与えるような時に使用する単語です。 また「〜のふりをする」や「〜を好んで用いる」などの意味もあります。これは「〜ぶっている」というような表現で使えるものですが、一般的には前述した「〜に影響する」の方が多く使われる単語です。

「affect」の使い方

続いて「affect」という単語を実際にどのように使うか解説します。 基本的な意味は前述した通り「〜に影響する」や「〜に作用する」です。また、受け身+「at」「by」で「(人を)感動させる」、受け身+「with」で「(病気が)(人を)冒す」という意味にもなります。これらもよく使われる表現です。 しかし、「affect to」や「affect on」という使い方をすることで、これらとさらに異なる意味合いで使用することもできます。今回はこの2つの表現を使ったビジネスシーンで使える例文を紹介し、解説を行います。

affect to

「affect to」は「〜のふりをする」という意味です。 ・My boss affected to fail for me. (上司は私のために、ミスするふりをした) 例文は上司が部下を守るために、本当はミスをしたのは自分ではないけれどミスをしたことにしている内容です。例文のように「affect to do」という形で「〜するふりをする」となります。 この「to」がなく、さらに「affect」の後ろに来るのが名詞の場合は「〜のふりをする」ですが、例文のように行動を表現する場合には「to」を使用すると良いです。

affect by

「affect by」は「be affected by」という受け身の形で「〜の影響を受ける」「当てられる」という意味です。 ・The sales of alcohol are affected by tax changes. (酒類の売り上げは税制の変化により影響を被る。) 例文は「The sales of alcohol」が「tax changes」によって「影響を被る」という受け身の状態を表すために「be affect by」の形が使われています。主に悪い影響を受ける時に使用することが多いです。