手取り30万の場合どのレベルの生活水準を保てるか

我々が働いて収入を得るのは、食費・光熱費・家賃などの支払いを行って、日々の生活を維持するためです。 そのため我々は、毎月の収入で維持できる程度の水準で生活を営まなければなりません。 手取りが30万円あればどれくらいの金額を生活費として使えるか、家賃や住宅ローンにはどれくらい回せるか、貯金に回せるお金はどれくらい残るのでしょうか?

生活費

生活費には、食費・光熱費・通信費などのさまざまな費用が含まれ、生活スタイルによってそれぞれの費用にかけるウェイトは異なります。 しかし、手取り30万円の範囲内で生活していかなければならないことを考えると、生活費の合計は10万円~15万円程度に収めるのが望ましいです。 1週間に使える金額が2万円強~4万円弱程度あると考えると、決して苦しい生活を強いられるわけではありません。

家賃・住宅ローン

一般的に家賃や住宅ローンの目安は、「手取り金額の4分の1~3分の1程度」と言われています。 これを手取り30万円に当てはめると、家賃や住宅ローンに充てられるお金は7万5,000円~10万円となるので、都心以外であれば十分な広さの家に住むことが可能です。 都心でこの金額だと少し心もとないので、通勤時間を長くしたり家が多少狭いのを我慢したりと、ある程度妥協しなければならない点が出てきます。

貯金

生活費と家賃以外のお金は大部分を貯金に回せるはずなので、手取り30万円の場合は10万円前後を貯金に回せる計算となります。 貯金をある程度貯めておくことで、いざという場合の出費に備えられるようになりますし、精神的にゆとりを持つことも可能です。 今回は生活費・家賃を先に考えたうえで貯金を考えましたが、毎月の貯金金額を先に決めておいて、残った金額で生活費や家賃をまかなうという考え方でもかまいません。