つくば母子殺人事件の概要

つくば母子殺人事件は夫である医師の野本岩男によって妻子3人が殺害され、死体が遺棄された事件です。母親は当時31歳、子供はそれぞれ2歳と1歳でした。何者かによって妻子を殺害された悲劇の被害者であるはずの夫が、実は犯人だったというドラマのような事件でした。

野本岩男が妻と子供3人を殺害

1994年10月29日早朝、夫である野本岩男と妻が夫の浮気を巡って口論になり、妻の言葉にカッとなった夫は妻をロープで絞め、口と鼻を手で塞いで殺してしまいました。 父親が殺人犯になったのでは残される二人の子供は不憫だとの理由で野本岩男は二人の子供も首を絞めて殺しています。 夫は当日そのまま病院に出勤し、夕刻家に帰ってから三人の遺体を車に積んで横浜の大黒ふ頭まで運び、海に遺棄しました。

母子三名の遺体が発見された

母子3人の遺体は11月3日になって京浜運河で浮いているところを発見されました。 遺体が入れられていたビニール袋にはおもりがつけられていましたが、遺体から発生するガスがビニール袋に充満したため浮き上がってきたものとみられています。 捜査の結果3人の身元は茨城県つくば市に住む母子であることが判明しました。3人には夫の野本岩男から捜索願が出されていました。