大阪姉妹殺害事件の概要

大阪姉妹殺害事件とは当時22歳だった山地悠紀夫元死刑囚により大阪市在住の姉妹が殺害された事件です。山地悠紀夫元死刑囚は姉妹を殺害後強姦や強盗も行い逃走しました。事件の詳しい経緯はどういったものだったのでしょうか。

山地悠紀夫により姉妹が殺害された事件

大阪姉妹殺害事件とは山地悠紀夫元死刑囚により大阪市在住の姉妹が殺害された痛ましい事件です。 姉妹が殺害される前日と当日に山地悠紀夫元死刑囚は専門学校の生徒や殺害された姉妹の姉など何人かに目撃されていました。しかし姉妹は凶事を避けることはできず、帰宅したところを狙われナイフで刺されてしまいました。 山地悠紀夫元死刑囚は姉妹と知り合いというわけではありませんでした。姉妹はたまたま犯人の目に留まり殺害されてしまいました。

強姦や強盗も行った

山地悠紀夫元死刑囚は姉妹を刺し殺すだけではなく、胸を刺した後に2人とも強姦していました。そのうえで強盗し逃走しています。 姉妹を刺し強姦したあとタバコを吸い、その後にさらに姉妹の胸を刺しています。また山地悠紀夫元死刑囚は逃げる前に室内に火を放っていました。姉妹はすぐに発見され病院へと運ばれましたが、搬送後すぐに亡くなりました。 山地悠紀夫元死刑囚が逃走前に姉妹から奪ったのはわずかな金銭と貯金箱でした。