連日批判の記事が出る小室圭さん

小室圭さんは2017年5月に秋篠宮文仁親王の長女・眞子さまとの婚約を発表しましたが、母親の金銭トラブルの発覚により結婚は見送りとなってしまいました。 2020年まで延期としていたその時期が到来し、お2人のご結婚について何らかの発信が期待されますが、同時に小室圭さんに対する批判の声も後を絶ちません。 小室さんは現在アメリカに留学しています。問題の解決に向けた対応も見られないままの渡米に、秋篠宮家はもとより国民からの不信感が集まっている状態です。

なぜ小室圭さんは批判されるのか?

結婚延期の原因となった金銭トラブル問題への対応について、小室家側から何の発言もなされぬままの渡米に対し、「無責任だ」「眞子さまが可哀そう」と心配の声が上がるとともに、小室圭さんを批判する声も少なくありません。 小室圭さんはなぜここまで批判に晒されてしまうのでしょうか。

逆玉への日本人の抵抗感

小室圭さんが批判を受ける原因の一つに、日本人の逆玉の輿に対する抵抗感があるといわれています。 日本人は古くから「男性が女性を養う」という文化が根付いています。女性が資産家や有力者の男性のもとへ嫁ぐことを「玉の輿」と呼び、歴史の上でも成功者として羨まれるような風潮がありました。 逆に男性側が資産家や有力者と結婚することは「逆玉」と呼ばれ、女性と異なり「資産が目的だ」「売名行為だ」として批判される傾向は否定できません。「男性が女性を養うべきだ」という日本人の価値観からは、なかなか受け入れられない婚姻関係といえます。

皇族に不釣り合いな経歴や対応

また小室圭さんが批判を受けるもう一つの原因として、その経歴や諸問題への対応に不信感を抱いている人が多いという点です。「皇族と結婚するには不釣り合いだ」と非難を受けています。 小室圭さんは国際基督教大学を卒業後、三菱東京UFJ銀行に入行、現在は国際弁護士を目指しアメリカに留学中です。無職で収入が無い状態で結婚しようとしている点や、過去の人物像などが次々と暴かれ非難を浴びています。 また、小室圭さんと眞子さまの結婚が延期になった要因は母親の金銭トラブルによるものですが、その問題は未だに解決していません。秋篠宮家は問題解決を求めていますが、小室圭さんは解決のないままアメリカに留学しており、その対応が不誠実だとして非難を受けています。