1分で分かるデーモン・コア

デーモン・コアとは

  • デーモン・コアとは約6.2kgの未臨界量のプルトニウムの塊
  • アメリカの研究所で危険な実験や取り扱いで2回の臨界事故が発生
  • 科学者2名が命を落とした

デーモン・コアとは未臨界量のプルトニウムの球体

「デーモン・コア」は球体状の臨界状態に達していないプルトニウムの塊で、臨界事故が起こるまでは「ルーファス」と名付けられていました。 ここでは「デーモン・コア」とは何かについて、プルトニウムや核分裂の関係も含めて詳述します。

プルトニウムは質量数が多く不安定な元素

「デーモン・コア」は、約6.2kgのプルトニウムの球体が原料でした。プルトニウムは原子の一種で、銀白色の重い金属です。プルトニウム238からプルトニウム242まで複数の種類があり、数字は陽子数並びに中性子数を合わせた「質量数」を表しています。 プルトニウムは元素の中でも、質量数が大きく不安定です。そのため原子核も安定性は低く、それが崩壊することで放射線が放出されやすいという特徴を持ちます。

プルトニウムは核分裂反応をする

プルトニウムは核分裂反応を起こしやすい物質の一つです。核分裂反応とは重い不安定な原子核が分裂することで、軽い元素を2つ以上つくる反応のことです。 プルトニウムが核分裂すると莫大なエネルギーが発生しますが、同時に「セシウム137」「ヨウ素131」「ストロンチウム90」といった放射性物質もつくられます。 これが人体に悪影響を与えるのです。