沖ノ鳥島とは

(画像:Unsplash

日本には6,800を超える島がありますが、その中で最も南に位置するのが「沖ノ鳥島」です。奈良県や和歌山県と同じく東経136度に位置し東京からは1,740キロ離れています。 その面積は5万平方キロで東京ドーム107個分です。住所は東京都小笠原村沖ノ鳥島になります。それでは詳しく見ていきます。

日本最南端に位置するサンゴ礁でできた島

沖ノ鳥島は九州から南太平洋のパラオを結ぶ海底山脈で唯一海面に出ている部分です。 海底山脈の山頂だけが海面から顔を出しており周辺は4,000mから7,000mの深さです。島の断面図は富士山に似ており海面部分はサンゴ礁で出来ています。 1500万年前に島がゆっくり海中に沈んでいくのに対して、それ以上の速さでサンゴ礁が成長して今の形を形成しました。奇跡の島と呼ばれるのも頷けます。

満潮時は北小島と東小島しか海面上に現れない

サンゴ礁の中で満潮時に確認できるのは北小島と東小島の2つだけです。 鉄で作られた波消しブロックとコンクリートが、今にも沈みそうな2つの島をがっちりと守っています。東小島にはコンクリートの破片が当たる恐れがありチタンでできたネットも被せられています。 サンゴ礁の中には大規模な観測施設があり、そこでは気象状況や海上の変化を日々観測しています。沖ノ鳥島は日本で唯一の熱帯気候に属しており貴重なデータが集まります。