高知白バイ事件の概要

2006年3月高知県の道路でスクールバスに白バイが衝突する事故が発生しました。この時、白バイに乗っていた高知県警機動隊の隊員は死亡しましたが、バス側の乗員乗客に怪我はありませんでした。バスの運転手は事故直後に現行犯逮捕されています。

バスと白バイが衝突し白バイ隊員が死亡

事故が発生したのは2006年の3月3日午後2時30分でした。国道56号へ右折しようとしたスクールバスに走行中だった白バイが衝突しました。 バスには運転手以外に仁淀川中学校の生徒33名と教員3名らが乗っていましたが、いずれも目立った傷はなかったとのことです。 一方白バイに乗っていた当時26歳の巡査長は病院に搬送されましたが、胸部大動脈破裂で死亡しました。巡査長は殉職扱いとなり2階級特進して警部補となっています。

業務上過失致傷罪でバスの運転手が逮捕された

高知県警はスクールバスの運転に安全確認上の不備があったとして、バス運転手を事故直後に現行犯逮捕しています。 当初は業務上過失致傷罪でしたが、同日中に搬送先の病院で巡査長が死亡したことから、バス運転手の容疑は業務上過失致死罪に切り替えられました。 しかしバス運転手は国道56号に右折で横断進入する際安全に配慮して停止していた話しており、一貫して無罪を主張していました。当事者のバス運転手と警察発表の間に食い違いが生じたのです。