ソニー子会社がシルバーゲートメディアを買収

ソニーの子会社がメディア企業を買収

  • ソニーピクチャーズテレビジョンがシルバーゲートメディアを213億円で買収
  • シルバーゲートメディアはピーターラビットなど子ども向けアニメに強み
  • ソニーピクチャーズテレビジョンは子ども向けコンテンツの充実と中国市場拡大を狙う

【関連記事】人気ブランドのM&A記事はこちら!

買収額は約213億円

ソニーピクチャーズテレビジョンは、ソニーピクチャーズエンターテイメントの完全子会社であるColumbia Picturesを通じて買収を行います。 買収価格は約195百万ドル(約213億円)で、シルバーゲートメディアの経営陣及び投資会社のシャムロック キャピタルからの買い付けを行います。

買収による2019年連結業績への影響は軽微

ソニーは、買収が2019年度連結業績へ与える影響は軽微であると発表しています。この買収でソニーピクチャーズテレビジョンは、Silvergate Topco Limitedの100%の持ち分を取得します。 シルバーゲートメディアのCEO(最高経営責任者)は引き続きワヒード・アリ氏が、会長はウィリアム・アスター氏が務めることが決まっています。

子ども向けアニメ企業・シルバーゲートメディア

シルバーゲートメディアは2011年11月に設立され、ロンドン、ニューヨークにオフィスを構えています。子ども向けアニメの「ピーターラビット」などの人気コンテンツの権利を取得しており、中国でのビジネスに強みを持っています。