1分でわかる女子高生コンクリート詰め殺人事件

女子高生コンクリート詰め殺人事件の要点

  • 少年4名が女子高生を誘拐監禁し、強姦等の暴行後殺害
  • 少年たちに実刑判決が下るも、多くが出所後再犯
  • 少年事件であるが実名報道がなされた

女子高生コンクリート詰め殺人事件とは1人の女子高生の拉致監禁および暴行し、強姦し続けた事件です。犯人の少年たちは殺害した女子高生の遺体をコンクリート詰めにして東京湾埋立地に遺棄しました。 べつの強姦事件によって犯人の少年のうち2人が逮捕されたことがきっかけで、事件が発覚しました。 犯人たちが10代であったこと、また自宅に少女を40日間も監禁してにもかかわらず誰も少女の状況に気づかなかったことが世間に衝撃を与えました。

女子高生コンクリート詰め殺人事件の経緯

埼玉県の路上で1人の女子高生がアルバイトの帰りに誘拐され、その後長40日という期間にわたり監禁されました。彼女が発見されたときドラム缶の中にコンクリート詰めにされ、遺体はかなり腐敗していました。 少女がいなくなってから発見されるまでの間に何が起こったというのでしょうか。ここでは少女が誘拐されてから遺体が発見されるまでの経緯を詳しく見ていきます。

少年4名が女子高生を誘拐し強姦

事件当日、アルバイトからの帰路で自転車に乗っていた少女は1人の少年に自転車を蹴り飛ばされました。そして後に現れた別の少年に言葉巧みに誘導され、タクシーでホテルへ連れ込み強姦されてしまいます。 加害者である少年たちは、もともとひったくりや女性を狙っての強姦をするつもりで埼玉県をバイクで徘徊していました。 少年たちはたまたま目の前を通った少女に狙いを定め、1人が自転車を蹴り倒すなどの乱暴をした後に、もう1人が親切を装って近づくという作戦でした。

その後女子高生を監禁をした

女子高生を攫った少年たちは少女を開放することなく、そのまま拉致し監禁することに決めました。 ホテルから仲間に連絡した犯人たちは少女を連れて1人の少年の家に連れ込みました。その後40日という長期間にわたり、家族や近所にも気づかれることなく監禁し続けました。 少女は当初「やくざに狙われているからかくまってやる」と嘘をつかれ、そして連れ込まれた後は常に監視下に置かれたために逃げられなかったとのことです。