ダーバンやアーノルドパーマータイムレスなど多くのブランドを持つレナウン

2015年5月15日に民事再生法の適用申請をしたレナウンは1902年に編み物(ニット)の卸売業者として創業した後、その繊維を利用した衣料品の製造も手掛けるようになった企業です。 1969年にはアーノルドパーマータイムレスを日本へと投入し、また1970年代にはダーバンのCMに俳優のアラン・ドロンを起用したことで日本で人気を獲得することに成功しました。 この両ブランドが1970年代から1980年代の20年の間、レナウンの成長を支える原動力となり、一時売上高が2000億円を超え、国内最大のアパレル企業にまで成長しました。

以前より業績不振が続いている中

1990年代に入るまでは成長を続けていたレナウンですが、バブル崩壊後は業績不振に苦しんできた企業でもあります。 1991年度決算において営業赤字に転落して以降、2019年までの約30年間で黒字化を実現できたのはわずか4回と長期に渡り赤字体質でした。株価もリーマンショック前には1000円を超えていましたが、リーマンショックを期に100円近くまで急落し、その後も横ばいが続いていました。

アパレル企業の相次ぐ倒産

2020年5月に破産申請を行ったレナウンだけでなく、老舗セレクトショップとして有名なサンモトヤマが2019年に自己破産に追い込まれるなど、アパレル企業では倒産が相次いでいます。老舗アパレル企業でも変化に対応できなければ生き残りが難しい状況がアパレル業界に訪れています。