コロワイドが筆頭株主に。買収も視野か。

国内一部メディアの報道によるとコロワイドは10月の初旬に大戸屋HDの創業家から発行済みの株式18.67%を取得したとしています。 これによりコロワイドは大戸屋HDの筆頭株主となり、M&Aを視野に入れているのではと注目が集まっています。

2019年10月1日にコロワイドが筆頭株主に

大戸屋HDは創業者の逝去による骨肉の後継者争いが繰り広げられていたとされ、そこにコロワイドが水面下で買い付けの話を進め創業家の株式18.67%全てを取得したといわれています。 これにより、2019年10月1日にコロワイドは大戸屋HDの筆頭株主のなりました。取得額は約30億円といわれています。 今後は株主総会で拒否権を発動できる3分の1以上(34%以上)、更に50%以上に引き上げたい考えです。

コロワイド社長が買収を示唆する発言

11月15日、国内一部メディアによると大戸屋HDの筆頭株主となったコロワイドの野尻公平社長は、同日の決済説明会で大戸屋HDには非常に魅力を感じており、M&Aに興味があると自身の考えを述べました。 野尻公平社長が大戸屋HDへのM&A・合併の可能性について言及したものの、コロワイドは11月16日には決定事項ではないとホームページ上で声明を出しています。 しかし、コロワイドはこれまでM&Aで成長してきています。牛角やかっぱ寿司などの有名企業を買収した実績もあることから、大戸屋HDへのM&A・合併の可能性は十分にあると考えられます。